トップ >  ニュース >  2億円マンション「ル・サンク小石川後楽園」竣工直前で許可取り消し、契約解除

2億円マンション「ル・サンク小石川後楽園」竣工直前で許可取り消し、契約解除

 文京区の億ション「ル・サンク小石川後楽園」が、東京都建築確認審査会から建築確認処分を取り消す裁決が出され、このたび、デベロッパーが購入者と契約を打ち切ったことがわかった。地下駐車場の避難階段が設けられていないなどで東京都のお条例違反があった。文京区の中心部に位置しながも良好な環境面からも人気が高く、最高価格2億円以上のプランもあったが全戸完売となっていた。12月末に竣工予定、来年2月入居開始予定という竣工目前にしてのマンション建設の執行停止は異例のこと。

 まず、行政が一度はおろした許可を覆すという点、さらにはそれが、竣工が目前の完売している億ションであるという点で二つの異例の出来事が起きたことになる。


ル・サンク小石川後楽園
ル・サンク小石川後楽園(左上の印、グーグルマップより)
 東京都文京区小石川2丁目の「ル・サンク小石川後楽園」(地上8階地下2階建て、建築主NIPPO、神鋼不動産)は東京メトロ丸の内、南北各線「後楽園駅」徒歩2分という好立地。5000万円台から1億円超、2億円超の物件もあった。それが竣工目前にしての東京都からの許可の取り消し、さらにはデベロッパーが購入者との契約を解除し、両者の間で紛糾している。

 都審査会の書面などによると、2003年に該当する土地をデベロッパーが買い入れて、行政から2004年8月に建築確認を得た。ただ、計画が容積率いっぱいの建設だったために住民が反対し、2005年に都審査会は建築確認を取り消し。2009年には再び開発許可が出た。ただ、住民側は2010年に東京地裁に開発許可取り消しを求めて提訴するが、主張は認められていない。

 しかし、住民側は高さ制限などを理由に都審査会に申し立てをし、今年10月には執行停止を決定。11月には許可自体を取り消した。都審査会の決定としては、避難階としていた地下駐車場と1階住居部分は、前面の傾斜道路の傾斜スロープを活かしたもので避難階段がないとして、避難階には該当しないと判断した。

 デベロッパーは購入者に対して説明会を開いているが、今後の具体的な計画は示されていない。許可が取り消される原因となった部分を手を加えるということも、全戸完売となり竣工直前の今からはできないだろう。また、訴訟を提起するなど法的な手続きを行っても時間がかかりすぎる。建築確認申請を最初から行った上で取り壊してから新たに建て直すか、あるいは手付金の2倍以上の返金措置などが考えられる。

 先に問題が発覚した、三井不動産レジデンシャルの「パークシティーLaLa 横浜」では虚偽データに基づいて工事が行われ、耐震性に問題があるとして、金銭的な補てんをした上で今後の対応を住民側と協議している。今回のル・サンク小石川後楽園の場合は、パークシティとは経緯や条件などは大きく異なっているが、億ションでも結果として、このようなケースになり得ることを示してしまった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする