トップ >  ニュース >  ベッキー「不倫」なら襲いかかる賠償金4億円?

ベッキー「不倫」なら襲いかかる賠償金4億円?

 人気タレントのベッキーさん(31)と人気グループ「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(えのん、27)の不倫交際が7日、週刊文春の報道で明らかになった。TVCM10本を抱える人気タレントにして、所属事務所の稼ぎ頭。前日夜の緊急釈明会見では「友人関係」を強調したが、その裏には不倫の場合による賠償金を恐れる事情が透けて見える。これまでの報道では、ベッキーさんのCMギャラは1本あたり1000~2000万円が多く、金額×本数+アルファということで3、4億円には上るだろうか。今後、契約の延長はなされずに一時的に「半引退」状態になることも考えられるだけに、巨額の損失を被る可能性も出てきそうだ。


ベッキー
ベッキーさん
 週刊文春によると、ベッキーさんはゲスのファンであり、昨年10月に川谷さんと知り合い、交際に発展したという。川谷さんは既婚者であったが、2人でホテルで過ごしたり、川谷さんの実家を訪れるなどしていた。川谷さんは夫人とは離婚協議中だったという。既婚者と知らされずに交際を始めたということもあり、同情の余地もあるか。2人の交際の記録は、LINEのやり取りをする画面で記載されており、画面を入手した同誌は確証を持って報道している。

 これを受けて6日夜、東京都内のサンミュージックで釈明会見は、質疑応答はせずに本人から説明をするというスタイルで行われたが、ベッキーさん本人は不倫関係ではなく友人関係であることを強調し、この場での不倫は否定した。同社の稼ぎ頭だということもあるが、緊急会見にはそれなりの理由がある。

 大手芸能プロ関係者は「CMの契約には法律違反、もちろん不倫も含めてですが契約書にも明記されています。違約金の発生対象となります。そのために釈明する必要を感じて、緊急に会見をしたかと思います」と話す。その上で「仮に不倫という前提で話すと、違約金などが発生することになるでしょう。ただ、その場合でも契約書に金額は明記されていませんので、これからの話し合い次第です。今後の事務所と企業との付き合いが考慮されたり、実際に支払わなくても良いと手打ちする場合もあります」と説明する。

 「不倫」は不法行為である以上に商品イメージを失墜させることで最もスポンサーが嫌う行為でもある。タレントも経済活動の中の一つのコマとして組み込まれており、昨今のコンプライアンスにうるさい事情からも敬遠される。そのために、タレント側も一応は否定する傾向にある。一昨年に乃木坂46の松村沙友理さんと集英社社員との交際発覚では、松村さんは発覚後にはラジオで妻子持ちであることを知らなかった、と不倫を否定している。今回のベッキーさんと同じだ。

 「(不倫は否定するように)法律家からアドバイスを受けているはずです」(前出関係者)

 同社は2009年に酒井法子さんが逮捕されたが、約5億円の違約金を事務所が肩代わりしたとも言われた。今回の騒動では、どのような形で終息が図られるのか、関係先への謝罪行脚をする日々となるが、今後の交渉しだいとなる。ベッキーさんは知名度も高い上に好感度も高く、すべてが平均点以上でスキャンダルもまったくない優等生キャラだった。この交際はどう影を落とすのか。

 過去にも、宮﨑あおいさん、矢口真里さんら不倫で仕事が激減したケースもある。ただ、一定期間が過ぎれば売れっこは復活の目も十分にあり得る。日本テレビ在籍時にわいせつ写真が流出した夏目三久さんは退職後に大手事務所に移籍し活躍している。また、内村光良さんはテレビ朝日アナウンサーの徳永有美さんとの不倫が発覚し、一時的に仕事がなくなってしまったが、現場での評価も高く現在は元に戻っている。

 ある意味で余人をもって代えがたいポジションを確立しているベッキーさんだけに、復活の目もありそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする