トップ >  ニュース >  株式ロング&ショート安定でグレンビュー、センベストの時代続くか

株式ロング&ショート安定でグレンビュー、センベストの時代続くか

 ヘッジファンドの戦略別となる2015年12月月次と、年間リターンがクレディ・スイスから発表され、空売り専門のショートバイアス戦略が4.80%と高リターンを上げたことがわかった。年間で見れば、株式ロング&ショート、マルチストラテジーが健闘した。ここ3年ほど好成績のグレンビューキャピタルと、センベストマネージメントなど株式ロング&ショートを主戦略とするヘッジファンド運用会社が今年も注目を集めることになるか。

 クレディスイスによると、ヘッジファンド全体の戦略平均指数であるCSヘッジファンドインデックスは、昨年2015年の12月月次が-0.85%で、年平均で-0.71%となった。8月の中国株式市場の大幅な下げなど不安定な相場で、上げ相場のトレンドが転換したかのような年でもあった。そんな難しい環境でも株式ロング&ショート、マルチストラテジーが安定していた。

◆戦略別平均リターン       12月月次   年平均

コンバーチブルアービトラージ   -0.78%   0.81%
ショートバイアス          4.80%   2.38%
エマージングマーケット      -0.21%  -0.22%
エクイティニュートラル       1.60%   1.69%
イベントドリブン         -1.30%  -6.29%
ディストレス           -0.71%  -5.30%
マルチストラテジー        -1.54%  -6.67%
リスクアービトラージ        1.31%   0.42%
フィクスドインカムアービトラージ  0.15%   0.59%
グローバルマクロ         -2.05%   0.18%
株式ロング&ショート       -0.01%   3.55%
マネージドフューチャーズ     -2.19%  -0.93%
マルチストラテジー         0.21%   3.84%


ラリー・ロビンス
ラリー・ロビンス氏(左)
 ショートバイアスは、月によって偏りが大きくなるが、中国株式市場の下げに乗じた8月が7.85%、独自動車大手VWに引きずられた9月に4.79%と大きくリターンをあげている。実質的には8、9、12月のリターンで年平均をプラスに持っていった。

 株式ロング&ショート、マルチと比較的にバランス型の戦略が良好な傾向にあるようで、その傾向はあまり変わりそうにない。米投資専門誌バロンズが発表している、2012~14年の3年平均によるヘッジファンドベスト100では、1位はグレンビューキャピタル社のグレンビューオフショアオポチュニティーで、57.05%、2位はセンベストパートナーズの43.54%だった。

◆直近3年平均リターンランキング(ファンド名、3年平均、ファンド資産額)

1 グレンビューオフショアオポチュニティー  57.05%  33.3億ドル
2 センベストパートナーズ          43.54%  7.05億ドル
3 マーリンLP               41.63%  7.68億ドル
4 カモックス                36.45%  3.11億ドル
5 ヒルデーンオポチュニティーズマスター   34.49%  13.36億ドル
6 アルセントラストラクチャードクレジット  33.12%  3.21億ドル
7 タイガーラタン              31.38%  7.50億ドル
8 ナピアパークヨーロピアンクレジット    30.52%  4.03億ドル
9 チャナバリ                30.01%  5.17億ドル
10 ボロリッチトレーディング         29.25%  8.11億ドル

 グレンビューは13、14年と同ランキング2年連続1位に。創業者ラリー・ロビンス氏は、30代の時に、ヘルスケア銘柄、病院銘柄に集中投資を行うようになった。米国は90年代から医療費抑制は歴代政権の懸案事項になっていたものの、なかなか手を付けることができずにいた。ロビンス氏は先読みし、ヘルスケア政策関連銘柄へと長期投資の仕込みを行い、大きな運用益を得ている。グレンビュー全社の運用資産総額も1兆円を突破しており、14年の自身の年俸は23億ドルだった。

 2位のセンベストパートナーズは1~3年の間で、株価2倍、3倍のポテンシャルを持つ株式を狙う。創業者リチャード・マーシャル氏がブルームバーグ・マーケッツの取材に語ったもので、ボラティリティが高いものを積極的に狙いに行く。元々は非公開株を扱っていたが、公開株の方が情報バイアスが入るために割安になるという判断で、公開株に。また、運用資産額の大半を自身とファミリーの資産で運用しているという。年率平均で20%以上のパフォーマンスを現在も保っている。

 3位のマスター・キャピタル・マネージメントのマ-リンLPは、米著名投資家ウィルバー・ロス氏の片腕でもあったマイケル・マスターズ氏が創業。株式ロング&ショートを主戦略とし、他にコモディティ投資も行う。 

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする