トップ >  ニュース >  40億円超えなるか 世界最大の収集家のフェラーリが競売に

40億円超えなるか 世界最大の収集家のフェラーリが競売に

 世界最大のフェラーリコレクター一族保有の「フェラーリ335Sスパイダー」(1957)が、ヴィンテージオークションで史上最高額に迫る可能性があることが、オークションハウスのアートキュリアルの発表でわかった。仏パリで2月5日開催のオークションで、予想レンジを3000万ドル(約35億2200万円)~3400万ドル(約40億円)と設定した。これまでの最高額は2014年に取引された、フェラーリ250GTO(1962)の3811万ドル(約44億円)だが、超えることができるか。


フェラーリ
フェラーリ335Sスパイダー
 フェラーリ335Sスパイダーはレーシングカーとして1957年に作られ、同年のセブリング12時間や、ルア・マン24時間などにも出場している。後のF1ワールドチャンピオンのマイク・ホーソン氏が同車でレース出場している。1958年には米NYのディーラーの手に渡り、その後はコレクター間で取引され、現在所有しているのは 世界最大のヴィンテージフェラーリ収集家であるピエール・バルディノン氏(享年81)の一族となっている。

 バルディノン氏はフランス高級ブランドのシャパル一族の当主で、広大な敷地内にフェラーリ博物館、フォーミュラレースが開催できるくらいとも言われるサーキットを所有する。同氏は1965年から「フェラーリ250GT SWB」を購入したのをスタートに、その後も次々と収集し、保有するヴィンテージフェラーリは数十台とも言われる。昨年12月に2805万ドルで落札された「フェラーリ290MM」も保有していた。

 50年代、60年代のヴィンテージフェラーリは軒並み価格が2009年以降は上昇しており、特に2012年ごろからは名車がオークションに出れば、10億円超えが続いているような状況だ。昨年もフェラーリ290MM(1956)が2805万ドルで落札されるなどしており、その流れは変わっていない。

 ヴィンテージカー専門の保険会社ハガーティが算出した、ヴィンテージカーの市場の過熱度を測る指標「Hagerty Market Rating」によると、まだ過熱度はバブルはなく、市場にはまだ上昇余地があるとも見られる。落札額はいくらになるのか。

◆過去のヴィンテージカーオークションの高額落札車
1 フェラーリ250GTO(1962)                3811万ドル 14年
2 メルセデスベンツW196(1954)               2960万ドル 13年
3 フェラーリ290MM(1956)                 2805万ドル 15年
4 フェラーリ275GTB/4*S NARTスパイダー       2750万ドル 13年
5 フェラーリ275GTB/Cスペチアーレ(1964)        2640万ドル 14年
6 フェラーリ250GT SWBカリフォルニアスパイダー     1850万ドル 15年
7 フェラーリ375プラススパイダー(1954)           1840万ドル 14年
8 フェラーリ250LM(1964)                 1760万ドル 15年
9 フェラーリ250GT SWBカリフォルニアスパイダー(1961) 1683万ドル 15年
10 フェラーリ250GT SWBベルリネッタスペチアーレ(1962) 1650万ドル 15年

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする