トップ >  ニュース >  通算リターン5兆円の聖人 ヘッジファンド運用益ランキング20

通算リターン5兆円の聖人 ヘッジファンド運用益ランキング20

 ヘッジファンド運用会社の運用開始から2015年末までの通算リターンのランキングが、投資調査会社LCHインベストメンツから発表され、厳しい投資環境だった2015年の運用益だけでも33億ドルをたたき出した、ブリッジ・ウォーター・アソシエイツが運用総益計450億ドル(約5.3兆円)として、1位に返り咲いた。前年1位の大御所ジョージ・ソロス氏のクォンタムエンダウメントファンドは2位に、業界報酬1位んぽデビッド・テッパー氏のアパルーサマネジメントは今年も3位をキープした。昨年唯一の40代でランクインしたビル・アックマン氏のパーシングスクエアキャピタルだが、今年はランク外に沈んだ。


レイモンド・ダリオ
レイモンド・ダリオ氏
 2015年は米S&P500指数こそ、前年比-0.73ポイントの2043.94ポイントで終わったが、途中はスイスフラン、中国、原油など様々なテールリスクが発生し、13、14年あたりと比較すれば難しい相場環境であることに違いなかった。レイモンド・ダリオ氏率いるブリッジウォーターアソシエイツの旗艦ファンドであるピュアαは33億ドルの運用益を出し、1975年の設定来で、運用利益総額を450億ドルとした。

 ダリオ氏やブリッジウォーターについての詳しい説明は不要だろうが、業界のありとあらゆるランキングでは1位にならなかったものはない聖人である。これからの投資動向には注目したいところ。マルチストラテジーで運用しているが、読みの確かさは業界でも群を抜いている存在で、2008年のリーマンショック時には、その前にすでにキャッシュポジションを大幅に増やすなどしていた。今後懸念される大きな下振れリスクの中で、どのような投資判断をするのか。

◆通算リターンランキング(運用総額、運用益、2015年運用益、開始年)
1 ブリッジウォーターピュアα      823億ドル 450億ドル 33億ドル 1975年
2 クォンタムエンダウメントファンド   290億ドル 428億ドル 9億ドル  1973年
3 アパルーサ              179億ドル 228億ドル 10億ドル 1993年
4 バウポスト              270億ドル 226億ドル -8億ドル 1983年
5 バイキング              302億ドル 225億ドル 17億ドル 1999年
6 ローンパイン             295億ドル 224億ドル 12億ドル 1996年
7 ポールソン&カンパニー        156億ドル 214億ドル -21億ドル 1994年
8 ポイント72(旧SAC)        114億ドル 197億ドル 17億ドル  1992年
9 エリオットアソシエイツ        269億ドル 185億ドル 5億ドル  1977年
10 ムーアキャピタル           155億ドル 181億ドル 6億ドル  1990年
11 ファラロン              210億ドル 177億ドル 3億ドル  1987年
12 ブレバンハワード           188億ドル 171億ドル -3億ドル 2003年
13 ミレニアム              343億ドル 171億ドル 35億ドル  1989年
14 オクジフ               243億ドル 152億ドル -1億ドル 1994年
15 カクストングローバル         81億ドル  146億ドル 2億ドル  1983年
16 キングストリート           195億ドル 136億ドル -5億ドル 1995年
17 ハイフィールド            126億ドル 126億ドル 6億ドル  1998年
18 マーベリック             105億ドル 120億ドル 11億ドル  1995年
19 ランズドーン             196億ドル 118億ドル 21億ドル  2001年
20 チューダーBVIグローバル      105億ドル 115億ドル 1億ドル  1986年

 そのほかで目立つところでは、パーシングスクエアが2015年は一転して運用がマイナスとなったことで、ランク外になった。製薬会社バリアントファーマシューティカルズが他のアクティビストのレポートで急落し、大打撃を喰らった。その直後に3000億円規模のナンピン買いを入れるという緊急措置を取るなどしたが、アクティビスト全体が弱い地合いの中で低迷した。

 2000年以降で運用を開始した12位のブレバンハワードも苦戦を強いられた。自動取引全盛にあってマクロファンドが時代の流れに取り残されている地合いも大きく、閉鎖やスピンオフなど組織の見直しを迫られた年であった。

 一方で2000年以降組の新しい顔として、ランズドーンが19位に顔を出した。英ロンドンを拠点にする大手ヘッジファンド運用会社で、会社は1998年に設立された。創業者ポール・ラドック氏は2013年に当時54歳の若さで引退。アートの世界に進むことを理由に挙げていたが、現在は美術館のオーナーとなっている。現在は、ピーター・デービス、ジョナサン・レジスの両氏が代わって仕切っている。

 株式ロング&ショート戦略で、近年も安定したリターンをあげてきた。昨年も21億ドルの利益を出している。現在保有する銘柄ではアマゾン株を184万株以上保有しており、時価総額ではこれだけで11億ドル以上となっている。含み益で2億ドル程度。株式市場が厳しい環境に向かう中で、2016年はどのような運用を行っていくのか注目されている。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする