トップ >  ニュース >  ヘッジファンド業界で非MBAの方が高給取りに

ヘッジファンド業界で非MBAの方が高給取りに

 ヘッジファンド業界は超がつく学歴社会で、名門のMBA取得者は当たり前のように存在するが、こと給与面ではアソシエイト職では非MBAの方が高くなることが、米調査会社サムゼロの調査結果によって明らかになった。非MBAはベース、ボーナスの中央値で20万ドルだったのに対して、MBAホルダーは18.4万ドル。インセンティブへのハングリーさが結果につながっている可能性もあり、MBAが一流ヘッジファンドマネージャーの一つの必須アイテムだったが、今後は業界内でも変化が起きるかもしれない。

 サムゼロの2015年の業界給与レポートによると、中央値は役員クラスで40万ドル以上、シニアVPで35万ドル以上、シニアアナリストやディレクターで、約25万ドルとなっている。そして、アソシエイトでMBAホルダーが18.4万ドル、同職の非MBAが20万ドルとなっている。これは、アソシエイト1800人を対象に2012年~2015年の期間で調査集計したもの。
ヘッジファンド
 アソシエイトのMBAはベースサラリーでは少し上回るものの、ボーナスを合わせた総合計額で非MBAより低くなる。会社の期待度はMBAの方が高いが、実際の業務でのインセンティブは非MBAの方が上回って、全体で逆転するという格好だ。

 この現象について、サムゼロは「MBAを取得していない分、仕事に対するインセンティブを強く意識付けしている可能性が高く、MBAホルダーよりも競争力が高いのかもしれない」としている。MBA組に負けまい、とする反骨心が支えているということだろうか。

 「一流大学卒業 ⇒ 金融業界入り(運用会社、投資銀行など) ⇒ MBA(経営大学院) ⇒ 金融業界(運用会社など) ⇒ ヘッジファンド創業」


ヘッジファンド
デビッド・テッパー氏
 大体はこれが一流ヘッジファンドマネージャーとなるための主な道程。たとえば、業界年収世界一に3度輝いているデビッド・テッパー氏も最初の就業先では、MBAがないばかりに不当な扱いを感じたということでカーナギーメロン大ビジネススクールに入学、MBA取得後はゴールドマンサックスに入社し、ジャンクボンド&株を担当し実績を積んだ。その時の実績を基にアパルーサ・マネジメントを起こし、現在はディストレス投資の第一人者として業界に君臨している。

 現在業界の盟主たちのキャリアはおおむねこのような感じになっている。独立の際にはMBAホルダーの人脈も有効な武器の一つでもあることも事実であることも確かだが、将来はMBAをすっ飛ばすことが主流となる可能性もある。

 また、運用資産総額の規模別でも、特徴が現れている。一般的には規模に比例しそうだが、10億ドル以上の大手になると少し違う。ベースは同じくらいだが、インセンティブの差が出ており、200億ドル以上の巨大運用会社よりも、50億ドル~100億ドル、100億ドル~150億ドルの規模の運用会社の方が中央値が高くなっている。他に運用戦略別では、2015年は、ディストレス債が中央値が40万ドル超えでダントツとなった。ディストレス債投資の最大手であるオークツリー・キャピタルのハワード・マークス会長がブルームバーグTVで、リーマンショック以来の好機が到来した、とも発言しており、16年以降もディストレス債のサラリーが高くなるか。
ヘッジファンド

ヘッジファンド

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする