トップ >  ニュース >  米のタックスヘイブン潰し UBSシンガポールに口座情報要求

米のタックスヘイブン潰し UBSシンガポールに口座情報要求

 IRS(米国歳入庁)が、米国人富裕層が開設したスイス銀行大手UBSのシンガポールの口座情報を求めていることが、ブルームバーグの報道で明らかになった。UBSは現在のところ、情報を渡していない。銀行に厳格な機密保持を法的に義務付けたシンガポールだが、IRSの要求に対して、どのような対応を取るか注目される。

 IRSの代理人が米フロリダ連邦地裁に提出した書面によると、事実関係は主に次のようになる。

 台湾生まれで米国に移民した富裕層男性は、2001年までにスイスでUBS口座を開設していた。2001年までNECに勤務したこともあるというが、2008年に中国に移転し、コンサルタントとして2年半働き、その間に米国と中国を何度も行き来するようになったという。

 UBSのスイスアカウントの残高は、2001年末に99万ドル以上(約1億1000万円)あった。それが2002年3月に閉鎖している。そして、同年の4月9日に、UBSのシンガポールオフィスにアカウント開設の打診を行っており、4月12日にはアカウントをシンガポールに移した。この点について、IRSは2012年2月17日に、男性に電話で連絡を取り、複数のアカウントを所有しているかどうかを聞いたというが、男性はUBSの海外口座の存在を否定していたという。

 IRSによると、2006年から2011年まで米国に課税義務が発生するといい、IRSが把握している男性の年収は、2005、06、07税務年度でそれぞれ10万ドル以上だという。

 UBSのスイスは過去、米国人富裕層たちの脱税をほう助したとして、7億8000万ドルを支払うことで和解したことがある。スイスはタックスヘイブン諸国ではほぼ米国の軍門に下っており、かつての秘匿性は期待するべくもないような状況だ。しかし、シンガポールの場合は政府が銀行に対して、スイスよりも厳格な秘密保持条項を課しており、さながら米国対シンガポールでもある。

 タックスヘイブンの利点は大きく二つある。まずは税率の低さで、法人としてよく利用されている。そして二つ目が、情報の秘匿性で、富裕層個人にとってはこちらに大きなメリットを感じていることが多い。UBSは男性の口座情報の開示を拒否しているが、今後の富裕層マネーの動きを左右しかねないだけに、動向が注目される。
 

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする