トップ >  ニュース >  国税への不服申し立て直接可能に 

国税への不服申し立て直接可能に 

 4月1日以降に国税庁から受けた処分について、不服の際の国税不服審判所への審査請求の手続きが変更となった。この審査請求は、異議申し立て後にしかできなかったものの、今後は一段階スキップして直接の審査請求が可能となる。また、決定から請求までの期間も従来の2カ月から3カ月に延長されるなど、納税者にとっては随分と有利な制度改正となる。ただ「異議申し立てを嫌う」税務署の現場の本音もあったり、内向きな制度改正であるようにも見えなくはない。

 納税について税務署から更生処分を受けたものについて、不服とする場合には、これまでは税務署に異議申し立てを行った上で、それでも納得がいかない場合には「異議申し立て ⇒ 審査請求 ⇒ 訴訟」というルートを辿っていた。訴訟は管轄が違うために期間の定めはなく各地裁で審理して決定し、場合によっては各高裁、最高裁と上級庁に行くこともあり、一つの案件の決着に10年以上ということもないわけではない。

 しかし、4月1日から後に出された処分については、国税不服申立制度の改正によって、税務署への異議申し立てを省くこともできる。また、異議申し立てを受けてからの決定が3カ月、国税不服審判所への審査請求からの裁決が6カ月となっている。原則としてこの期間内に決定を出すが、もしも出ない場合でもそれぞれ、決定を得ることなく次のステップに進んでも良いことになった。

 国税庁によると、全国の各税務署への異議申し立ての処理状況は平成26年度分の総数が2745件。そのうち全面認容は2.4%、一部認容は6.9%で両方を合わせて9.3%となっている。結果からみれば、意義のほとんどは認められないということになる。ただし、大なり小なり年間で100万件以上の税務調査があることを考えれば、過去10年間でピークだった同20年度の5313件と比べて約半分に減少しているものの、意義申し立てにいたるわずか2745件は重く受け止められている。

 これは場合によっては、税務署の上層部の評価にも響いてくると言われており、税務署側としては更生処分を出すよりも、納税者が修正申告してくれる方が、一般的には自分たちの手間が省けるために喜ばれる。加えて、異議申し立てされる可能性がないということもメリットとしてはある。

 税務署を飛ばして国税不服審判所への審査請求を行ったとして、平成26年度の請求件数が2030件。認容割合は全部、一部を合わせて8.0%であり、ハードルが高いことにはこれまでどおり何ら変わりはない。それでも、納税者にとっては手続きのスピードアップができることだけでも、大きなメリットにはなる。
国税不服審判所


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする