トップ >  ニュース >  伝統富裕層遊戯「バカラ」 今も昔も「一文無し」製造機

伝統富裕層遊戯「バカラ」 今も昔も「一文無し」製造機

 バドミントンの桃田賢斗、田児賢一の有力2選手が東京・錦糸町の裏カジノに頻繁に出入りしバカラ賭博を行っていたとして処分を受けた。そもそもバカラ賭博とは富裕層の遊びであるが、一文無しになるほど熱くなるゲームだとも言われる。なぜ、現代においても金を吸い上げられ、落ちていく人物が後を絶たないのか、事情通の話などを通して見ていく。


バカラ
 先輩の田児選手が後輩の桃田選手を誘う形で、かなりの金額を賭けて負けていたといい、特に田児選手が知人らに1000万円以上の借金をしていたという。ギャンブルを絶つことができるのかどうかは何とも言いにくい。

 そもそもバカラはイタリア語で「0」(ゼロ)という意味であり、言い換えれば「一文無し」ということでもある。語源通りにイタリアが発祥の地で、中世で欧州全土に広がっていった。いわゆる王族・貴族たちの遊びであり、現代でもマカオのカジノでも「HighRoller」(ハイローラー)と呼ばれる賭け金の多いVIP顧客の8割以上がバカラに金を出すという。もちろん、これは合法カジノの話で、日本では違法であり、裏カジノを知る事情通に聞いてみた。


◆警察に摘発される店舗で、よく聞くのはバカラ賭博ばかりだが、なぜか。
 「勝負は1分以内に決まるし、回転が早いので効率が良く何回もゲームができるから。他の遊びだとそうはいかない」

◆胴元で勝敗を操作できるのか。そうでなければ、みななぜ大損をするのか。
 「操作なんてできないし、しても意味がない。バカラは理論上は勝率は50%になるが、テラ銭を何%か取っているし、たまに大勝ちする客もいるが、よほど連勝でもしないかぎりは客に勝ち目はないようだ。1回100万円とか大金を賭ける客もいるし、それで冷静な判断などできやしない。金貸しをいっしょにやっていたりする店もあるから、店の思うつぼだ」

◆店を運営している人間は
 「借金で首が回らなくなった人間などを(暴力団などがスカウトして)店長にする。聞いている所では、給料は月4、50万円プラス出来高。捕まるかもしれないリスクを考えたらどうしようもない額だけどね。ちなみに、店員が捕まって出てきても、もう一回この仕事に就く人間も多い。そこでまた、自分のなじみの顧客に声をかけて店に来てもらうようだ。そして、再犯でまた捕まっている人間も多い。裏カジノに関わった店も客も一生、足抜けなんてできやしないみたいだし、やらないのが一番いい」

 総額で約170億円を賭け事で失ってしまった大王製紙の井川意高元社長は知り合いに誘われて東京・西麻布の裏カジノに行くようになった。「店じまいが近いのか、資金を回収しようとしているのがわかった」と冷静な目を持ち合わせているかと思えば、マカオのカジノに行くようになったことを「上場企業ならイカサマはしないだろう」という理解に苦しむような言動も当時はしていた。
 
 井川氏の言葉は◆105億円使い倒した御曹司の心の闇(2)でも取り上げているが、1日で10億円勝ったこともあるのだという。たまにこうしたこともあれば、気分が高揚してハマるのもわからないでもない。バカラは丁か半かという単純な要素のゲームのために、勝った時の高揚感が強く中毒性が高くなるのだという。また、賭けごとの中では最も理性が利かないゲームとも言われるほどで危険なものでもある。

 また過去には、東京都の狛江市長が韓国のカジノに通いつめて借金30億円を作り、借金の取り立てに来る暴力団から逃れるために出家したこともあった。

 厚生労働省の調査ではギャンブル依存症の疑いがある人は約500万人。またギャンブルにも遺伝性があり、そのことはUCバークレー校などの調査で確認されている。富裕層はもちろんだが一般の人も、一度、裏カジノに入った人間は抜け出せなくなる可能性があるということを再認識させられる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする