トップ >  ニュース >  「機関投資家に勝とうとするな」世界一のヘッジファンド運用者が個人投資家に助言

「機関投資家に勝とうとするな」世界一のヘッジファンド運用者が個人投資家に助言

 世界中の中央銀行や首脳がその見識に耳を傾けると有名なヘッジファンド運用業界の盟主であるブリッジウォーター・アソシエイツの設立者レイモンド・ダリオ氏がこのたび、ブルームバーグTVで、個人投資家にとって耳が痛いアドバイスを行った。それは「プロを向こうに回して勝とうとしないこと」だ。

 「わたしのような機関投資家と同じテーブルで戦ってはならない。市場で勝つのは簡単ではない。わたしでも自分の考えが間違っているのではないかと恐れることがある。相場で勝つのは、オリンピックで勝つよりも難しいことなのだ」


レイモンド・ダリオ
レイモンド・ダリオ氏
 こう述べたダリオ氏のヘッジファンド運用会社ブリッジウォーター・アソシエイツは、運用総資産額、通算リターン、個人の年収をはじめ業界ではあらゆるナンバー1を獲得している業界の盟主でもある。

 LCHインベストメンツが発表した通算リターンランキングでは、ブリッジウォーターの旗艦ファンド「ピュアα」が1位となっている。そのパフォーマンスだが、運用開始年の1975年から2015年末までの40年間で実に、450億ドル(約5兆円)の通算運用益を出している。スタート時の資金が33億ドルで、現在は約14倍にしていることになる。現在では運用総資産額は日本円にして10兆円を超えている。

 オルタナティブ投資運用協会(AIMA)によると、最近10年間でヘッジファンドが生みだした運用益は総額で約1兆5000億ドル(約164兆円)にも上るという(手数料、運用報酬を差し引いた額)。

 個人投資家は、自分で運用した場合、その8割が損をすると言われている。であれば、頭脳のオリンピックチャンピオンともいえるヘッジファンドに資産運用を任すという選択肢もあるかもしれない。最近は、「ヘッジファンドダイレクト」のようなサービスを活用し、世界ランキング上位の優秀なヘッジファンドに資産運用を任せる個人投資家が増えている。

◆「投資で勝つ人、負ける人」 


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする