トップ >  ニュース >  「ふるさと納税」 震災でもう一度意味を見直す

「ふるさと納税」 震災でもう一度意味を見直す

 熊本県、大分県を中心に九州地方で相次ぐ地震による被害が広がっている中で、各方面からの支援や寄付などの動きも国内外を問わず日々広がってきている。ここで今一度、再認識したいのが「ふるさと納税」の存在。現在は年間に40万人以上が利用する制度で、「控除+特産品」で関心が高くなっているが、本来は納税者個人が寄付をする自治体を選ぶことができるというもの。もちろんこの制度以外にも寄付する方法は数多くあるが、大震災が起きた今こそ思い出したいところだ。


熊本城
熊本城
 ふるさと納税は税収減に悩む自治体などへの納税推進を目的に2008年から制度施行された。現在は控除が拡充され、個人が2000円以上の寄付を行った場合には、住民税の約2割程度が控除される。また、地元の特産品なども提供されるために、寄付した金額以上のリターンを得られる場合もあり、一つのブームにもなった。いわば、個人投資家が好む株主優待のような捉え方で、しかも、株価減のリスクがない分だけ株主優待よりも有利であるため、それも納得できる。

 ただ、名称こそふるさと納税だが、そもそもが「寄付金」という位置付け。自分が寄付したい自治体に寄付することで、住民税から一定額の控除を受けることができるというものだ。制度開始の2008年は適用者が約3万人で、2010年まではほぼ横ばいで推移してきた。しかし、2011年3月に東日本大震災が発生し、特に東北の被災4県への寄付が大幅に増加するなど、約74万人まで増加した。

    適用者 寄付金 控除額
2008年 3万人 72億円  18億円

2009年 3万人 65億円  18億円

2010年 3万人  67億円 20億円

2011年 74万人 649億円 210億円

2012年 10万人 130億円 45億円

2013年 13万人 141億円 60億円

2014年 43万人 341億円 184億円


◆2011年の東日本大震災の被災4県
    適用者  寄付金
岩手県 3562人  3.3億円
宮城県 4469人  5.9億円
福島県 2420人  2.4億円
茨城県 1万613人 7.8億円

◆2010年の4県の適用者と寄付金
    適用者  寄付金
岩手県 178人   3770万円
宮城県 303人   7660万円
福島県 295人   1.1億円
茨城県 463人   1.0億円

 このように、2010年と2011年を比較した場合に、人数、寄付金額ともに大きく増加していることがわかる。すでに発生から5年が経過してこれだけの寄付金で十分とは言えるかどうかはともかく、少しばかりは被災自治体の支援には役立ったことだろう。また、現金という直接的な支援だけではなく、付随してくる特産品は地元業者らの産品を自治体が買い上げて、納税者に贈っている事が多い。そのため、地元業者や生産者への間接的な支援をしているという面もある。

 株主優待に近い感覚ではなく、被災自治体を励ますためにも、本来のふるさと納税の役割の意味を見直すきっかけにもなりそうだ。
 
◆熊本県特設サイト

◆大分県特設サイト

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする