トップ >  ニュース >  「パナマ文書」残り名簿を5月9日公開 日本関連は上島珈琲創業家?

「パナマ文書」残り名簿を5月9日公開 日本関連は上島珈琲創業家?

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は26日、オフショア取引の内部文書「パナマ文書」について、すでに公表されたリスト以外のものを米東海岸標準時の5月9日午後2時に公表すると発表した。日本からの加盟社である共同通信社によれば、日本関係は270の法人、のべ400人規模に上る見通し。政治家などの公職関係はない模様で、民間人ではUCC上島珈琲の創業グループの人物の名前があるという。もちろん、最大の注目点はリークの「黒幕」とも見られる米国の関連ということにはなる。

 現時点で史上最大のリークとも言われている「パナマ文書」。パナマの大手法律事務所であるモサック・フォンセカが持つ顧客関連ファイル、約2.6テラバイト、約1150万件の文書が、匿名の人物によって南ドイツ新聞にもたらされ、さらに協力したICIJとともに取材を進めて公表にいたった。その名前も、ロシアのプーチン大統領の親しい知人3人、中国の習近平国家主席、英国のキャメロン首相ら世界各国の首脳クラスが出たために、世界中の度肝を抜いた。


パナマ文書 モサック・フォンセカ
 モサック・フォンセカは世界で4番目にオフショア法人設立に強い法律事務所であるともされる。英領バージン諸島、パナマなどを中心に、21万社以上の会社の設立にかかわったとされる。オフショア法人の設立自体がただちに違法や脱法ということではないものの、課税逃れ防止に表向き取り組んでいる首脳としては、裏で自身がオフショア法人を使っている事実は言行不一致のために、政権運営にも支障が出かねない。ロシアの大統領報道官は「西側の陰謀」とまで発言したほどだが、これが謎を呼んでいる。

 米国の政治家や要人の名前が出てきていないこと、さらには、仮想敵国の首脳を叩いた上で、オフショアセンターでは「世界最大手」の英領・旧英領潰しという意図が見えてもくる。その最終的なゴールは米国が世界最大のタックスヘイブンとなり、そうした資金をすべて還流させようと見るのが自然だろうか。9日の開示で米国関連がどのくらい出てくるのかが、最大の注目点となる。意図からすれば、ほぼ出てこないだろう。

 また、日本関連であるが、警備大手セコムの共同創業者の名前がすでに共同通信の報道で出ている。そもそも、パナマで設立した資産管理会社の性格を持つ複数の法人にセコム株を保有させることで、相続対策を行っていた。ただ、この対策をただちに違法だとは言えず、日本国内やシンガポール、オランダなどでも一般的に使われている。おそらく、こうしたスキームを手掛ける会計士やプライベートバンカーらの勧めに従ったと見られる。パナマを使うことで、匿名性を守りたかったからだろうが、まさかの流出によって名前が出たことで世間体を悪くしてしまっただろう。

 他にも、UCC上島珈琲の創業家の名前も出てくるということだが、こちらも、おそらくはセコムのようなパターンではないかと考えられる。

 9日の公開で、米国関連、日本関連、さらにはこれまでに名前が出ていなかった要人、著名人など注目したい事項は多い。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする