トップ >  ニュース >  トランプはまだ子供? 世界の不動産長者番付

トランプはまだ子供? 世界の不動産長者番付

 世界の不動産業の長者番付をシンガポールのコンサルティング会社ウェルスXがまとめ、1位は中国最大の不動産デベロッパー、ワンダグループの王健林氏(61)で337億ドルだった。今、注目度ではダントツのドナルド・トランプ氏(69)は45億ドルで上には上がいる。中国、香港の中華系が上位十傑中7人が占めた。

 いわゆる「不動産王」の異名を取る大富豪たちの長者番付だが、実際に保有する不動産資産だけの評価ではなく、自社株なども評価に入っている。中国国内のGDPの10%以上を不動産業が占めているということもあり、かなりの一大産業となっている。

 1位の王氏は中国不動産デベロッパー最大手ワンダグループの創業者で、中国ナンバー1の大富豪である。相続ではなくセルフメイドで富を築いたが、父親は中国人民解放軍の英雄で生前は毛沢東とも昵懇の仲だった。昨今は国内外で大型の買収を続けており、東京でも不動産を購入している。将来的には中国でディズニーランドを経営、サッカーW杯の開催を目指してもいる。スペインの強豪サッカークラブ、アトレティコ・マドリードの株式も保有する。

 とにかく拡大欲は旺盛で、世界の不動産王の座に君臨し続けることだろう。
 
◆不動産業界総資産ランキング
1 王健林      337億ドル  中国
2 李嘉誠      199億ドル  香港
3 ドナルド・ブレン 173億ドル  米国
4 許家印      89億ドル   中国
5 ステファン・ロス 79億ドル   米国
6 ジョセフ・ラウ  79億ドル   香港
7 トーマス・クオック  72億ドル 香港   
8 レイモンド・クオック 70億ドル 香港
9 ウォルター・クオック 69億ドル 香港
10 ハリー・トリグボフ  64億ドル 豪
※敬称略

 2位の李氏は盟主の座を王氏に明け渡してはいるものの、長年、アジアでナンバー1の大富豪として君臨してきた。
香港の不動産市場の崩壊を早くから言い続け、香港、中国本土の不動産市場が崩れる前に売却して欧米などに資本を移転させている。すでに自身は長男に跡目を譲っており、一線を退いたものの、いまだ発言には大きな影響力がある。

 3位ブレン氏は日本での知名度は低いが米国ナンバー1であり、米不動産大手アーヴァイングループの会長で元海軍従軍経験を持つ。母は著名女優クレア・トレヴァー。オフィスビル、SCを多数展開するが、近年は自然環境の保全のために森林保有をするなどしている。


トランプタワー
 7~9位のクオック3兄弟は、香港大手不動産デベロッパーのサンフンカイ・プロパティーズの創業家出身。長兄トーマス氏は過去に汚職の罪で有罪判決を受けたこともあるが、経営に与えた影響はその後もほとんどないようだ。

 中国の不動産市場は2014年から投資家から見切りをつけられ、資金が株に向かい始めてこちらで乱高下が起きている。不動産業はGDPに占める割合は10%以上だが、不動産バブル崩壊によって、それらに関連する建設、素材などを周辺産業も巻き込むことが予想され、かなりの大打撃を受けることは間違いないだろう。こちらは、推移を注視しておかなくてはならない。

 話をトランプ氏に移すが、米国大統領選挙の共和党候補者争いで旋風を巻き起こしており、共和党大会までに勝負を付けてしまいそうな勢いを持続している。その総資産は45億ドルとなる。もしも政界入りとなれば、グループのトランプ・オーガナイゼーションの副社長に座っている才色兼備の相続人イヴァンカ氏が跡を受けることになろう。父以上のスター性を持つ女性当主誕生となれば、それはそれで新たなトランプ王国を見てみたいところではある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする