トップ >  ニュース >  伊勢志摩サミット「マネーの透明性」は主要議題の1つ

伊勢志摩サミット「マネーの透明性」は主要議題の1つ

 今日から2日間行われる伊勢志摩サミット。日本でサミットが開催されるのは2008年の洞爺湖サミット以来、6回目となる。

パナマ文書も焦点に

 サミットの主要議題は以下の7つ。G7の指導者がそれぞれについて行動計画の詳細を発表する。

・世界経済・貿易
・政治・外交問題
・気候変動・エネルギー
・持続可能な開発
・質の高いインフラ投資
・保健
・女性の活躍推進


©Chung Sung-Jun
 これらの議題のほか、日本政府はパナマ文書に関する情報開示に対峙していくとしている。

 租税回避に関する具体的な調査も行っていき、関わった会社や人の名前も明らかにすることを目指すほか、その他にも汚職や賄賂に関する行動計画をまとめている。
 国家レベルの汚職や腐敗をなくすといったことが期待されている。

 税収の確保は先進国の大きな課題の1つであり、このサミットでの決定事項が今後の税に関する政策に大きな影響を与える可能性もある。

 そのほかに、国際的に契約に関する透明性を高めることも目指している。特に、加熱するアジアとアフリカでのインフラ整備プロジェクトに関するものの契約は非常に不透明であるとして、改善に力を入れていく。

そもそもサミットとは?

 サミットは1975年、第一次のオイルショックを機にスタート。
 マクロ経済、通貨、貿易、エネルギーなど世界経済に関する問題に対する政策や各国の協調について、首脳レベルで総合的に議論を行う場が必要であるとの認識からスタートした。

 70年代は主な話し合いのテーマが経済に関するものだったが、80年代は冷戦をはじめとした東西問題から冷戦崩壊後の国際問題、90年代はグローバル化に伴う問題、2000年代は気候変動というように議題も変化してきている。

 サミットでは,それぞれの議題について,各国の首脳が1つのテーブルを囲んで自由闊達な意見交換を行い,物事を決定していく。話し合いの結果は文書にまとめられる。
 各国首脳がその場で物事を決めていくため,適切な決断と措置を迅速に行うことができるのが特徴だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする