トップ >  メイク・マネー >  今の時代に成功する不動産投資の形とは?

今の時代に成功する不動産投資の形とは?

不動産に対する考えを時代に合わせよう

 大野氏に、今後の不動産の展望を語ってもらった。
「現在の相続に関する税制は、何もしなければ3代で財産を失うようなレベルです。相続税率も、現在は最大で55%ですが、もっとも高くて70%の時代がありました。いつまたそんなときが来るかもわかりません。財産を守るための対策が必要です。

 昔は家を買うことがスタンダードでした。その後時代が変わり、『賃貸と持ち家、どちらがいいか』といった議論がよくなされるようになっています。
 私に言わせていただくと、この2つは比べるものではありません。確かに家を買ってローンを払い終わったら安心ですが、子どもが大きくなり独立するなどライフスタイルが変わったら、そんなに大きな家は必要なくなるかもしれません。

 今は施設も充実しているので、家があるなら手放す、賃貸ならば住宅ローンを払ったつもりで資金を貯めておいて、老後は施設に入るほうが便利で快適な可能性もあります。
 考え方は人それぞれです。人や周りがではなく『自分がどうしたいのか』を基準に考えたいところですね」

投資家に必要な3つの力

 最後に、不動産投資家へのアドバイスをいただいた。 
「不動産でうまく資産運用をしている人は、おそらく信頼できる不動産の専門家をパートナーとして抱えていると思います。これから不動産投資に力をいれていきたい方は、まず信頼できるパートナーを見つけることが大事です。
ニューヨークのマンション
画像はイメージ ©SammiJo

 不動産に限らず投資の成功者は『何かあったらこの人に相談する』という人を何人も知っていて、それらの人がスムーズに動いてくれるような人間関係がしっかり作れています。

 入ってくる情報が正しいかの判断をするための勉強はしつつ、細かいこと、実務的なことはどんどんパートナーに任せて最後の判断だけする、そういう人が成功している印象です。

 これは不動産に限らないことと思いますが、投資に必要なのは3つの力です。不動産という高い買い物をリスクを負って買う“決断力”、どんな物件なのかを実際に見てチェックしたり、トラブルが発生すれば即座に対応する“行動力”、そして専門家に力をフルに力を発揮してもらう“コミュニケーション力”です。

 不動産コンサルタントとしましては、その3つをフルに発揮して、不動産を味方につけて、楽しく、豊かな人生を歩んでいただきたいですね」 

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

大野 晃弘(おおの・あきひろ)
株式会社日本資産総研コンサルタント
エステート事業部 部長、不動産戦略コンサルタント

不動産・建築企業、独立系FP企業と医療機関経営コンサルティング企業での営業企画担当およびコンサルタントの経験を活かし、お客様へ包括的な提案並びにコンサルティングを実践。
収益不動産購入コンサルティングでは、個人顧客を中心に過去9年にて、250億円超の収益不動産の仲介に携わり、200億円超の融資アレンジメント(借換え・金利交渉含)を行うとともに運営~出口までトータルにサポートしている。
著書に『サラリーマンだからできる月100万稼ぐ不動産投資法』(あさ出版)がある。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする