トップ >  クオリティライフ >  “光で愛でる”刀剣鑑賞の魅力

“光で愛でる”刀剣鑑賞の魅力

 7月1日より目黒雅叙園で始まった『和のあかり×百段階段』展。


山口県柳井市の柳井金魚ちょうちん
 東京都指定有形文化財「百段階段」内の部屋を「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルを中心に、日本ならではの“和のあかり”と“色彩”が楽しめる。昨年の初開催時は6万人の来場者数を記録した。

 年間を通じて唯一百段階段の撮影が可能な期間となっており、今年も多くの来場者が予想される。


青森県のねぶた

 青森県のねぶた、島根県の石見神楽、山口県柳井市の柳井金魚ちょうちんなど、地方の個性豊かなあかりが会場を彩る。

 静水の間で展示されているのが、全日本刀匠会による「平成の十本刀」だ。
 エヴァンゲリオンとのコラボレーションなど、刀匠会は現代の特に若い人が刀剣に興味を持ってくれるよう、様々な試みをしてきた。


島根県の石見神楽
 その活動は実を結び「刀剣女子」という、博物館に飾られている刀剣を鑑賞する若い女性も増えている。
 全日本刀匠会常務理事の川﨑仁史氏によると、「武器を愛でる」文化があるのは日本だけだという。
「古来より、ピカピカに光る金属には魔物が寄りつかないとされています。きれいに研ぎ上げられた刃物は、お守りの役割を果たしてきたのです。


今回展示される大小の刀剣

 古来の合戦では、戦闘時に馬に乗るような身分の高い侍は、刀ではなく槍をまずは使っていました。それでも名刀を持ったのは、お守り刀としての要素も大きいのです。

 博物館に展示されているような名刀とされる刀は、公家や高貴な武士達が大切に守ってきた宝物なのです」 


光のあたる角度によって、様々な輝きを放つ
 刀は、外装まで製作すると8人くらいの職人が関わります。刀鍛冶以外にも鍔や鞘、組紐をつくる職人などによる合作なのです。

 様々な技術が結集した、日本の伝統工芸のすべてが詰まっているのが刀剣です。

 刀鍛冶は日本全国に約200人います。伝統を受け継ぎつつ、新しい時代の刀剣を日々模索しています。

 刀は“光で見る”ものです。刀身に光をあてると刃文の変化が立体的に楽しめます。また光が当たる角度によって、鉄の組織や色合いの変化も楽しめます。
 刀の魅力に、ぜひ触れてみていただきたいと思っています」

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

展覧会名:アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」展 ~日本の色彩、日本の祭り~
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
開催時間:日曜日~木曜日 10:00~18:00(最終入館17:30)、金曜日・土曜日 10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料:当日券1,200円、前売券1,000円、園内前売券800円、学生600円 ※すべて1名料金(税込)
会場:目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」(東京都目黒区下目黒1-8-1)
お問合せ:03-5434-3140
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする