トップ >  クオリティライフ >  末期がんを完治!? 副作用ゼロの治療法①

末期がんを完治!? 副作用ゼロの治療法①

治療は投薬だけ。入院も不要で副作用もゼロ

「我々が現在提供している遺伝子治療は、がん細胞の無制限・無秩序に増殖する性質を消し去ることを目指しています。

 今までのがん治療はがんを敵、倒すべきものと考え、勝つための方法でした。この治療法は、がん細胞を普通の細胞に戻す、いわば“がん細胞を更生させる”ように設計されており、倒すことを目指していません。

 がん細胞が、正常細胞と同様におとなしくなって、身体の他の部分に悪影響を与えることなく老化することを目指しています。がん細胞がおとなしくなるだけでなく、自らが不要であることに気付いてアポトーシスして自己消去することもあります。

 なお、『遺伝子治療』というと『遺伝子組み換え』を想像し、それにより怖い印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、この治療は遺伝子組み換えとはまったく異なります。
 遺伝子組み換えは有用な遺伝子を外部から挿入することですが、この治療は遺伝子を送り込むものではありません。がん細胞化という、遺伝子情報に生じている狂いを正常化するだけです。

 どのような治療を行うのかというと、病院で投薬する、それだけです。
 がんの症状に応じて治療薬を1回10~20㏄、初めは1~2週に1回のペースで投与していきます。患部への直接注射や、がんに栄養を送っている血管にカテーテルを挿入して薬を送り込むなど、いろいろな方法で行います。入院の必要はありません。

 患者さんの治療に対する反応を見て、十分な治療効果が得られれば、投薬量を減らす、投薬頻度を減らすなど調整していきます。
 私のクリニックには、遠方から定期的に治療を受けに来られる方もたくさんいらっしゃいます。

 がん治療というと抗がん剤や放射線の治療で見られるような『重篤で生活の質を著しく低下させる副作用』が心配ですが、この遺伝子治療は激しい副作用がありません。
 時に、治療後一時的な発熱が見られる場合がありますが、数十分~数時間で自然と平熱に戻ります」

手の施しようがないがんをほぼ完治!

 この遺伝子治療は、実際にどのような成果を上げているのだろうか。
「もう治療の施しようがないとされている末期がんにも、高い効果を発揮することがあります。
 スキルス胃がんと診断された37歳の男性は、様々な抗がん剤が投与されていましたが効果がなく、むしろ症状が悪化し、腸閉塞を引き起こし入院、食事が全く摂れない、水も飲めない状態になりました。

 頼みとなる治療がもうないという状態で遺伝子治療を開始したところ、治療開始からひと月程度で機能しなくなっていた腸が回復し、排ガス、排便が可能になりました。
 その後食事も摂れるようになり、治療開始から数カ月後には帰宅ができる状態になりました。

 実は、スキルス胃がんは、既存の治療法では治癒を期待できるものがほとんどないのですが、この治療では治癒が可能となるかもしれません。スキルス胃がんに関しては高い治療効果をあげている症例が複数あります。

 乳がんを宣告された当時48歳の女性は、標準治療では乳房の切除しか選択できない状態でしたが、ご本人がそれを断固拒否して遺伝子治療を選ばれました。
 治療開始から5年以上経過し、今も定期的に通院していますが、がんは徐々に縮小し、その後も経過は安定しています。

 59歳の男性は、肺がんと診断されて放射線治療、免疫療法を行いましたがあまりよい反応が出なかったため、この遺伝子治療を始めました。
 すると、3カ月で腫瘍がものすごい勢いで小さくなっていき、7カ月間の治療でほとんど病変が確認できないところまで回復しました。

『がんが完全に治った』と言い切るのには、がんがその活動を止めてから長い期間変わらずに安定していることが確認されなければいけません。
『手術でがん治療に成功するも、3年後に再発した』というようなケースがよくあるように、がんが本当に治ったと言えるには治療後少なくとも5~10年くらいは、無症状で安定している時間が必要です。

 この遺伝子治療を受けた患者さんの中には、末期がんでありながら『がんが完全に治った』と言い切れるケースも確認していますが、一方で『がんと共存する』という状態もあり得ます。『がん細胞は存在しているが身体の他の部分に悪影響を与えずにおとなしくしており、がんを抱えたまま寿命を全うする』、そのようなことも可能になるかもしれません。


北青山Dクリニックの阿保義久(あぼ・よしひさ)院長
 ほかにも、今までの標準治療では手のほどこしようがなかった患者さんの症状が回復した例は数多くあります。

 腸閉塞で絶食管理が避けられなかった方が通常の食事が摂れるようになったほか、病院にかかりきりだったのが海外旅行に行けるようになった、仕事に復帰できるようになったと、喜ばれる患者さんの声を聴くと、この治療を提供できて本当に良かったと感じます」

 高い効果が確認できているがんの遺伝子治療。後半はこの治療の現状や、気になる治療費等についてお聞きした。
 21日に更新予定(急なニュース等により予定は変更される場合があります)。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

阿保義久
[北青山Dクリニック院長]

東京大学医学部卒業。腫瘍外科・血管外科医。2000年に北青山Dクリニックを設立。下肢静脈瘤の日帰り根治手術・椎間板ヘルニアのレーザー治療・痛みのない内視鏡検査・進行がんに対する革新的治療―がん遺伝子治療まで、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。著書に『アンチ・エイジング革命(講談社)』、『下肢静脈瘤が消えていく食事(マキノ出版)』、『尊厳あるがん治療(医学舎)』などがある。
北青山Dクリニック がん遺伝子治療センター
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする