トップ >  ニュース >  運用成績世界一のヘッジファンドが原油下落でひと儲け

運用成績世界一のヘッジファンドが原油下落でひと儲け

 非常に大きな反響のあった、原油価格下落に関するニュース。
第1弾「誰も本当はわかっていなかった、原油価格暴落の政治的な理由」
第2弾「石油を暴落させたあの国の次の手が日本にも大きく影響?」

 原油を始めエネルギー価格がさらに下がることを見込んで、高い運用成績をあげているヘッジファンドがある。
 HSBCホールディングスが2015年のヘッジファンド運用成績トップに位置付けた「AAMアブソリュート・リターン・ファンド」だ。


Kaveh Kazemi/Getty Images
 同ファンドはエネルギー関連株や天然資源関連株のロング・ショート(売買)戦略を中心に運用しており、15年のリターンはプラス58.5%を記録した。

 その高い運用成績は、原油価格下落に合わせてエネルギー・インフラ株などが下落することを見込んで、関連株の空売りを行っていたのが成功した形だ。

 AAMアブソリュート・リターン・ファンドはファンダメンタル分析を用いて株価の割高・割安を判断していく戦略を取っている。今年頭の時点ではエネルギー関連株は売り時であると表明していたが、空売りを行うなど、状況を見ながら柔軟な運用を行っている。

 昨年の高いリターンにより、同ファンドの05年末の運用開始以降のリターンは年率プラス12%、今年は7月時点でプラス10.2%となっている。同ファンドの2億3000万ドルという運用額は、ヘッジファンドの規模としては中級というところだ。

 オスロ・アセット・マネジメントの最高経営責任者(CEO)であり、同ファンドの運用に携わっているハラルド・ジェームズオタハーグ氏は、ブルームバーグのインタビューに、原油の下落により減収している産油会社などの株も、リターンをもたらす業種の1つであると答えている。

 ヘッジファンドとは何かについてはこちら

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする