トップ >  ニュース >  やはり海外で強いアメックスカード

やはり海外で強いアメックスカード

 海外経験の豊富な人物が管理人と思われる、あるブログの記事が話題になった。

海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか)


Getty Images
 詳細は記事に譲るが、タイトルの通り支払いに日本円を選択すると、店やブランドの一存で客にしてみれば払う必要のない手数料を得ることができるという話だ。

 旅行や出張の際などにしか起こらないことであり、そう細かくチェックする部分でもないため、気にしない人が多いが、実はわかりにくくなっている点だ。
 その仕組み自体はカード会社も公表しているが、よほど注意深く見ている、仕組みを理解している人でない限り、見落とすレベルだろう。

 この記事では、支払いにVISAを選ぶと通貨の選択肢があると言われないこともあるとも書かれていた。店が確信犯的に日本円を選択させて手数料を稼ぐか、仕組みを理解していないかのどちらかだ。

 一方で特筆に値するのが、「アメックス(アメリカン・エキスプレス)での支払いでは、どちらの通貨にするかを聞かれなかった」ことだ。
 アメックスはそもそも、そのような通貨の選択システムを取り入れていないことになる。

海外で強いアメックスのメリット

「アメックスの強さは海外でこそ証明される」とよく言われる。JCBと提携しているため日本での利用にも特典はあり、ポイントなどのメリットはあるが、やはり海外と海外に向かうための空港での利用に多くのメリットがある。
 カードのグレードにより金額や利用できる設備の差はあるが、だいたい以下のようなものだ。

1.空港ラウンジのプライオリティパスが付帯。同伴者も無料
2.旅行や出張の際、スーツケース1つの無料宅配サービス
3.国内・海外ともに保険や保証が手厚く、ショッピングでも破損等に対する補償等のサービスがある
4.24時間日本語対応のトラベルデスクがあり、様々なサービスを受けられるほか、盗難や紛失に関してもサポートを受けられる
5.エクスペディアでの予約の優待など、様々な特典、優待


 航空会社と提携しているものや、百貨店等と提携しているものなどもあるが、いわゆるプロパーのカードで年会費は最も安いもので1万2000円(税抜き)だ。

 現在は年会費無料のカードも多いなか、決して安くはない年会費だが、提供するサービスをよく利用する人にとっては決して高くないと言える価格だろう。
 より多くの特典を受けたいという場合には、サービスに応じて複数のカードが用意されており、バリエーションに富んだラインナップが整えられている。

 ハイクラスになると入会は申請ではなく招待制になっており、最上級の「センチュリオン(通称ブラックカード)」は日本国内はもとより、世界でも会員数は非公開。

 入会条件も公表されておらず、例えばJCBの最上位カード「ザ・クラス」は年収1500万円以上とも言われることがあるが、アメックスプラチナやセンチュリオンにはそうした基準さえ明示されていない。
 日本だけでなく、世界でもトップクラスのカードと言えるだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする