トップ >  メイク・マネー >  報酬1位、リターン最大160%の天才ヘッジファンドマネジャー、シモンズ【ヘッジフ

報酬1位、リターン最大160%の天才ヘッジファンドマネジャー、シモンズ【ヘッジファンドマネジャー列伝④】

 2014年、2015年のヘッジファンドマネジャー報酬額のトップはグリフィンとなっているが、ほぼ同額の約17億ドルを稼いだとされるヘッジファンドマネジャーが、ジェームズ・シモンズだ。
 グリフィンの台頭以前は長年にわたり、何度も報酬ランキングの1位を獲得してきた人物でもある。
 シモンズ氏本人は積極的にメディアに登場することを嫌い、あまり素顔を知られていない。しかし、ヘッジファンド業界では、異彩を放つユニークな人物でも知られており、
 英紙フィナンシャル・タイムズには「最も賢い億万長者」と評されるなど、その評価は高い。

 シモンズの功績は、ヘッジファンドに数学的なアプローチを取り入れ、 コンピューター主導の取引の仕組みをつくったことだ。

 報酬の額で1位を分け合ったグリフィンもコンピューターを介した取引を行っており、昨年に報酬額で上位25位までに入ったヘッジファンドマネジャーのうち半分、上位8人に至っては6人がコンピューターシステムの使用者だ。

 その先陣、パイオニアとなったのが、シモンズだ。
 運用成績は最大で160%(手数料控除前)を記録している。

数々の受賞経験のある数学者

 シモンズはアメリカ、マサチューセッツの靴工場の所有者の子として生まれ、マサチューセッツ工科大学で数学を、その後カリフォルニア大バークレイ校で文学を学んだ。
 ハーバード大、マサチューセッツ工科大の両校で数学教授にも就いた経歴もある。

 数学者として「チャーン・シモンズ理論」として知られる理論を構築し、幾何学で最高の栄誉とされるアメリカ数学界のオズワルド・ヴェブレン賞も受賞しているなど、数学の世界で多くの実績を残した。

 シモンズはアメリカ国防総省の国防分析研究所に勤めるなどしたのち、相場で取引を開始した。勘と経験による投資の判断を数学的なモデルで置き換えられないか、自分に代わりコンピューターに取引をさせたいと考え、1970年代後半より数学に強い人間を雇い始める。

 そのなかの1人が、数論でアメリカ数学会の権威的な賞、コール賞を受賞したジェームズ・アックスだった。
 シモンズは1988年、アックスとメダリオン・ファンドを興す。コンピューターが生成したシグナルに基づいて商品・金融先物を扱うことになった。
 そのときの参画メンバーの1人、ヘンリー・ローファーが「市場があるイベントで混乱した直後にどう動くかのパターン」を発見した。市場に新しいデータが発表されると、それに伴い商品や通貨は急上昇、急下落するが、それまでその動きに法則性を見いだせていなかった。

 数学的な、きちんと統計的な見方をすれば、そのパターンを見分けることができる。そう考えコンピューターで何千ものイベントに対する何千もの反応をつぶさに観察した結果、シモンズのチームは一定の連動した動きを発見した。
 その連動性にしたがって投資をすることで、勝ちの確率を高めることができたのだ。

 その後、一度上昇した業績は急降下。シモンズは再び研究期間に入ることになる。
 失敗の原因などを分析し、「およそ可能な限りの市場で次々と素早く売買を行なう」短期シグナルを中心に据えて再出発。手数料控除後も56%の利益をマークする。

経済学者のいない運用チーム

 様々な数学者に関わってもらい運用を行った結果、この事業は拡大できると確信し、シモンズは数学者の雇用を増やす。物理学者、天文学者などもチームに加えたが、経済学者だけは雇わなかった。

 なぜ天文学者がチームに必要なのか? たとえば「朝の天気が良ければその町の証券取引所の相場は上昇する傾向がある」など、天気や数学的、物理的なことは投資の判断をするうえで非常に役立つ。

 そしてなぜ経済学者がいないのか? シモンズが追求したのは「数学を中心とした、形を見いだせるパズルとしての投資」の形であり、生身の実体経済ではなかったからだ。

 大きく見れば、市場はやはり効率的だが、小さな非効率は数多く存在する。それらを1つの取引プログラムに融合するところどころで発生する小さな非効率を効率に戻そうとすることで、それを年々積み上げていくシステムをルネサンスは作り上げた。

 混乱期ほどその方法は威力を発揮し、1994年には手数料控除後で71%の利益を上げ、2008年には手数料控除後で80%、控除前であればなんと160%の利益を上げた。

 シモンズはヘッジファンドの中心部のニューヨークやグリニッジ、ロンドンから離れたロングアイランドを拠点として、ライバルたちと距離を置いた。金融学に由来するアイディアには一切興味を示さず、コンピューターを用いた運用に関わってきた。

 当時は異色の存在だったが、今では多くのヘッジファンドマネジャーがコンピューターを用いていることからも、時代が彼に追い付いてきたと言える。

 ルネッサンスのオフィスはテニスコート、金魚のいる池、階段に日の光の当たるエントランスホールのある建物に移った。
機密を厳守する上でも組織は外部に対してはクローズドだが、内部にはとことんオープンでチームワークを大切にする。サラリーも個人の成績ではなく、ファンド全体の利益に連動するなど、チームでの成績にこだわりを見せるこのチームが約3兆円を運用している。

 今年78歳になるシモンズは2010年に引退。その後も2014年にはルネッサンステクノロジーが長年にわたり総額60億ドル以上の租税を回避していたとして、資産隠しの疑いで捜査を受けるなど紙面を賑わせた。

 シモンズの引退後も、ルネッサンスのルネッサンス・インスティトゥーショナル・イクイティーズファンド(2005年設立)は今年前半のリターンが13.8%、イギリスのEU離脱に伴う動きをつかみリターンを出した。
 ルネッサンス・インスティトゥーショナル・ディバーシファイドアルファファンドは前半のリターンが11.3%を記録した。

 シモンズ自身はシモンズ財団を設立し、アメリカの数学の発展や自閉症研究などに10億ドルを寄付しているほか、近年はインタビューを受けるなどしている。

関連記事

・ヘッジファンドのすべて 解説~運用成績10%超高利回り商品の購入方法まで
・ヘッジファンドマネジャー列伝 完全版

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする