トップ >  ニュース >  マックブックの新型に賭けるアップルの苦境

マックブックの新型に賭けるアップルの苦境



アップルのYou tubeより
 10月27日、アメリカのアップルは新型「マックブック・プロ」を公開した。

 従来のファンクションキーに代わり、キーボード上部に高精細のカラータッチパネルを搭載した。

 この機能により、ユーザーは写真や音楽の編集等を簡単に行えるほか、通信販売やインターネット上での商品、サービス購入等にも利便性が高まるという。

 タッチパネルには、iPhoneで2013年より導入されている指紋認証システムも導入される。
 それにより、オンライン上での支払いやアプリへのログイン等が簡単に行えるようになる。

 今回の新作発表はノートパソコンのみで、デスクトップパソコンの新作発表はなかった。
「デスクトップに関しては新作を発表する理由がほとんどない」
 デバイスやソフトウェア等に関する技術の調査を行うジャックドウのアナリスト、ジャン・ドーソン氏はウォールストリートジャーナルの取材に答えた。

アップルの売上はここ最近ダウン

 彼は「アップルはユーザーに、製品の買い替え理由を提示する必要がある」と言っている。マックの売上は現在下降しており、前年比で10%以上下落、現在は220億8000万ドルに落ち込んでいる。
 市場全体でもほかのパソコンに対し遅れをとっており、マーケットリサーチャーのガートナー社が同紙の取材に答えたところによると、マックの出荷は第2四半期で11.3%の下落、マーケット全体に対し5.1%のシェア後退となっている。
 第3四半期のダウンは17%と予想していると、アップルは発表した。

「アップル製品はもう飽和状態にある」
 ガートナー社のアナリストは言う。マック製品は全体的に他社製品に比べ割高なこともあり、「アップルはもはやみんなのものではないのです」と語る。

 アップルによると、今回発表された新製品も、既存のものに対して高い商品価格を予定しているとのことだ。

 iPhoneやiPadなどのマック製品が一般化した今となってはもはや考えにくいことだが、かつて「マックを使うのは医者か建築家くらい」「マックユーザー=変人」と言われた時代があった。
 スティーブ・ジョブズが新製品を発表するごとに、多くのユーザーが熱狂し、発売日にはアップルショップに行列ができたが、ジョブズの死去以降はその勢いも止まってきている。

 マック製品はかつてのように一部の人のものに戻るのか、それとも盛り返すのか、新製品の動きに注目が集まる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする