トップ >  ニュース >  減産決定で原油価格はどうなるのか?

減産決定で原油価格はどうなるのか?

 石油輸出国機構(OPEC)が30日、ウィーンで開かれている総会で、石油の減産で合意したと報道された。減産は2008年以降初めてとなる。それを受けて、WTI、北海ブレント先物ともに価格は上昇し、1バレル50ドル前後で推移している。


Getty Images
 原油の価格やその原因については、ゆかしメディアでも何度も取り上げてきた。極めて地理的、政治的な理由が関係しており、サウジアラビアをはじめ、当事者たちも苦しい状態にある。
 今回の決定でどのような動きが起こるかを検証する。

 結論として言えるのは「減産=石油価格上昇」とはならない、だ。
 ポイントは3つある。

1.今の価格で充分儲かっているところがある
 信頼できる情報筋によると、原油の価格は下がっているとはいえ、技術革新の結果、以前よりも産油コストは大幅に下がっているという。
 コストは1バレル20ドル前後まで下がってきている。ここ最近の価格帯だった1バレル40ドル台でも、充分に利益は出る計算だ。
 すべての産油国がそのように安くできているわけではないが、この価格でも持ちこたえられるのであれば、値上げをとりわけ望まない国もある。 
 また、「アメリカ国内だけでも世界が250年使える石油がある」という説もあり、石油が枯渇することは考えにくい。むしろ減産を考えるくらい余っているのが現状だ。

2.サウジはしばらく原油安でもかまわない?
 一方で、アメリカとならび産出量1位のサウジアラビアは、原油安でとにかく苦しい。財政は悪化し様々な投資はストップ、国の成長にも陰りが見えている。
 そのため「石油に頼らない国づくりを目指す」とし、投資を柱に掲げるなど様々なアクションを起こしている。今のところうまくいっている兆しはまだ見られないが、王族の重要なポストにある人物が海外を回るなど、国として本気であることは伝わってくる。

 サウジは苦しいが、ライバルの産油国、イランは歓迎とまではいかないものの、原油安をチャンスともとらえている。経済制裁が解除されたばかりで、石油を売れるものならばどんどん売りたい。
 サウジアラビアとイランはライバル関係にあり、お互い引くことは相手を利することになるため、双方の利害が一致することはほとんどない。
 そのためOPECでも足並みがそろわず、あまり効果的な決定が下せないことが多かったが、今回の決定では、核開発で経済制裁を受けていたイランが、産油量を制裁前の水準にすること、それにサウジアラビアは同意した形で、今回はイランにサウジアラビアが譲歩したと言える。
 OPEC全体は減産だが、イランは減産を要求されていないのだ。

 なぜサウジアラビアはイランに譲歩したのか? その裏には、サウジアラビア王国の国営石油会社、サウジアラムコの上場を見据えた動きがある。アラムコは原油埋蔵量、生産量とも世界最大規模の会社だ。

 アラムコが上場し、株式市場から資金を調達することができれば、サウジの財政にはある程度の余裕を持たせることができる。原油価格が安い以上、根本的な解決にはなっていないが、当面の危機は乗り切り、サウジが掲げる「石油に頼らない国づくり」のための投資もしていけると踏んでいる。

3.値上げは脱石油を加速?
 最後に、減産してもそう簡単に原油価格を上昇させられない大きな理由に触れる。
 アメリカが中心となって開発の進んでいる、シェールガスの存在だ。

 減産というOPEC内の足並みは一応揃えた。
 しかし、シェールガスは原油が劇的に安ければ開発コストがペイしないが、原油価格が上がり、「原油価格が上がったから、値段が同じくらいのほかのエネルギーも考えよう」となったとき、一気に視野に入ってくる。そうなれば石油そのもののシェアが奪われてしまうかもしれない。
「苦しくても安ければ買ってもらえる」が、「高くすればまったく買ってもらえない」になるのだ。

 これらの理由から、減産=簡単に値上げとはならないと考える。
 また、OPEC非加盟国の動きも気になる。今の価格でも充分に儲かっている産油技術を持つ国が、OPEC非加盟であったなら、OPECが減産しているのをいいことに増産しOPECのシェアを奪いにかかるかもしれない。

 ここ最近の原油価格の上昇といった動きは、あくまでも投資家の気分による部分が大きく、根本的な動きはしばらくなさそうだ。

関連記事

誰も本当はわかっていなかった、原油価格暴落の政治的な理由

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする