トップ >  クオリティライフ >  難病と闘う子供たちを支える犬の育成に寄付【読者特典つき】

難病と闘う子供たちを支える犬の育成に寄付【読者特典つき】

 2016年も残り1月を切った。2016年のうちに済ませておきたいことの1つが、寄付だ。
「ファシリティドッグ」という存在をご存じだろうか。病院に常勤して医療チームの一員として働く、専門的なトレーニングを受けた犬のことだ。


 小児がんや難病にかかった子供は、長期にわたる入院や治療の日々でストレスがたまり、周りの人に対して心を開かなくなったり、治療を拒んだりといった行動をすることが多々ある。

 日本の医療患者やその家族のサポートに関して、残念ながら日本の医療の意識は高くない。

 ファシリティドッグは、そのような重病の子どもたちに寄り添い、治療をサポートする存在だ。ただ犬がいるというだけでなく、専門的な医療に関するトレーニングを受けており、治療にも関わっていく。

 犬が時々来て子どもたちと少しの時間触れ合うわけではない。犬は病院にいつもいる。
 いつもいる犬が支えになる、それが犬のできる治療だ。


 苦い薬が飲めずに泣いていた子が、ファシリティドッグが横にいることで頑張って薬を飲んだ、大量の麻酔が必要になる治療をしている子が、ドッグが付き添うことで麻酔薬の量を少なく済ませることができた、手を動かせなかった子が犬に触ろうとして手を動かせたなど、ファシリティドッグだからこそできる治療はたくさんある。

 ファシリティドッグは、難病の子どもの部屋を訪問し、ファシリティドッグの体をさわったり撫でてもらったり、ボール遊びをしたり、ベッドで一緒に添い寝をすることもある。

 他にも、大変な検査や処置のときに傍について応援したり、手術室まで一緒に行ったりといったことも行う。

 子どもたちは、ファシリティドッグがいることで、心を開き、治療に前向きに取り組めるようになるのだ。

 注射を嫌がるが、ファシリティドッグが隣に座ると、注射をさせてもらえる子どももいる。
「僕の治療はドッグの予定次第だな」と医師は微笑む。


 現在日本には、2頭のファシリティドッグがいる。ゴールデンレトリバーの、ヨギとベイリーだ。

 また、子どもたちだけではなく、子どもたちに付き添いをしている家族にとっても、ファシリティドッグが大きな支えとなっている。

 加えて、ファシリティドッグの存在で病院の医療スタッフも笑顔になるため、病院の雰囲気が良くなったという声もある。

ファシリティドッグ育成を支えるのは寄付

 難病を抱える子どもに寄り添うのは、簡単ではない。ファシリティドッグに選ばれるのは、気質や血統を何代も遡って、信頼性が高い犬と判断された犬だけだ。

 その犬を、子犬の頃から適性を厳しくスクリーニングし、専門的なトレーニングプログラムを持つ施設でトレーニングする。

 それだけではない。とにかく愛情を持って育てられる。犬は人間を100%信用して育っていく。それにより、心を閉ざした患者が犬に対しネガティブな対応をしたとしても、攻撃的な態度をとったりしない。

 ファシリティドッグを育成するのは多くの時間と労力が必要、育成を行える専門的な施設は現在日本には存在しない。そのため、現在日本にいるファシリティドッグはベイリーとヨギは、アメリカから来ている。

 ファシリティドッグ普及のための活動は、現在寄付を中心に行われている。子どもを小さくして亡くした人物が中心となって立ち上げた団体だ。

 多くの人が協賛し、寄付金集めの活動がなされている。

 写真家の桐島ローランド氏、劇作家、演出家、小説家の藤沢文翁氏、クリエイティブディレクターの近衞忠大氏らが中心となり、ファシリティドッグを取り上げた書籍を出版し、トークイベントが開かれた。


出版記念イベントの様子
 その他にもコンサートなど様々なチャリティイベントが多数開催されている。

 クレジットカードのダイナースが自社のカードを使用したスムーズな寄付の仕組みづくりに協力しているほか、高級車のクライスラーなどが協賛している。

 ファシリティドッグの協賛、寄付している人の1人は「この活動を通じて、欧米のようなスタイルの寄付が日本でも広まってほしい」と言う。
 欧米の寄付のスタイルは「金額ありきで寄付をする」という。チャリティーオークションでも、目指しているのは安く競り落とすのではなく、いかに多くの金額を寄付できるかだ。

 また、ファシリティドッグを派遣しているシャイン・オン!キッズは認定NPOのため、寄付金控除のできる領収書を発行できる。

 世界の富裕層が行っている巨額の寄付。
 寄付をすると人生の幸福度が上がることは、医学的な実験結果からわかっている。チャリティコンサートなどに参加すれば、有意義な時間を過ごしかつ寄付もできる。

 人生の満足度を高める時間とお金の使い方だ。

◆ゆかしメディア読者特典つきチャリティコンサート情報
 シャイン・オン!キッズ チャリティディナーコンサート2017
 国際小児がんの日 オペラの夕べ

 出演者:垣岡 敦子(ソプラノ)古橋郷平(テノール)ほか

 2017年2月15日(水)カクテルタイムスタート17:30~ ディナースタート19:00~
 会場: 国際文化会館(東京都港区六本木5-11-16)
 スタイル: 着席
 ドレスコード:セミフォーマル
 チケット料金:25000円(食事・飲み物込)
 ※収益金は全てシャイン・オン!キッズの主なプログラムであるファシリティドッグやビーズ・オブ・カレッジ®の運営資金となります。

 ご購入・お問い合わせは認定NPO法人 シャイン・オン・キッズ
 03-6202-7262 またはevent@sokids.orgまで。

 ※ゆかしメディアを見たと伝えると、2000円のラッフルチケット(チャリティーくじ引きで使われるチケット)を2枚プレゼント



◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする