トップ >  ニュース >  ドンペリがもらえる、新たな被災地支援の形

ドンペリがもらえる、新たな被災地支援の形

 ゆかしメディアでもよく取り上げているふるさと納税。実質負担2000円で様々な返礼品がもらえることから、その人気も高まっている。

 そのふるさと納税に、新たな形ができた。福島県南相馬市に寄附することで、ジェラートピケ、モエ・エ・シャンドン、ドンペリニヨンなど有名ブランドの商品がもらえる。


ノーマスタイルのホームページより
 どんなブランド、商品があるのか、南相馬市へのふるさと納税を行うサイト、ノーマスタイルのホームページを見てみよう。ブランド数は全部で19、先述のジェラートピケやアディダスなどのほかに、ヘネシー、ジョンマスターオーガニック、エルバビーバなど、ファッション関係を中心に有名ブランドが揃う。
 寄附金額も1万円から、20万円以上まで幅広い。金額によりもらえる商品も変わってくる。


ドン・ぺリニヨンロゼ。寄附金額は11万5000円

ふるさと納税で継続的な復興支援

 東日本大震災での津波、原発事故で甚大な被害を受けた南相馬市。市内には現在も居住が制限されているエリアが多くあり、震災からもうじき6年が経過するが、その爪痕は依然大きく、現在も復興の途上にある。

 復興には、莫大な費用がかかる。震災の直後は南相馬市にも全国から多くの義援金が寄せられたが、震災の記憶はだいぶ風化し、現在、義援金はもうほとんど集まらなくなっている。「お金さえあればできるのに……」という策も多いが、資金難が復興のブレーキになっている。
 長い期間お金が集まり続けるためには、どうしたらいいか?

 このシステムを運営するノーマスタイルの代表、梶田直孝氏に話を聞いた。
「私がこのふるさと納税の形をつくったのは、かつて南相馬市周辺を治めた大名、相馬氏の子孫であり、鎌倉時代から続く34代目の当主、相馬行胤(そうま・みちたね)さんとお会いしたことがきっかけです。相馬さんから南相馬市の現状を直接お聞きし、離れているとなかなかわからないけれど、復興支援はまだまだ必要だ、私も何かしたい、と思いました。

 ふるさと納税は、寄附したお金がすぐ自治体に渡り、使い勝手がいいものです。しかし残念ながら南相馬市は地震の影響で、寄附する人が欲しいと思うような魅力的な返礼品がなかなか用意できません。そこで考え出したのが、私がもともと関わっていたファッション業界からの協力でした。

 欲しかったあの商品が手に入り、寄附にもなる。そんな風になったらいいなと。復興支援の寄附に賛同してくださるアパレル企業から格安で商品を提供していただき、寄附してくださる方に差し上げる形を整えたのです。


ジェラートピケのジェラートメランジショールカーデ。寄附金額2万円
 有名なブランドも賛同くださり、昨年8月のスタートから徐々に人気を集め、12月には単月で4000万円以上の寄附をいただくなど、広まってきています。

 商品をご提供くださった会社の中には『単なる宣伝や、支援のために金や商品を出してくれというのだったら賛同しなかった。多くの人が、1回限りではなく継続的に寄附をするための取り組みだったので協力したいと思った』と言ってくださるところもありました。

 その思いは、寄附してくださる方にも伝わっているようです。寄附者のうち、4割近い方が応援の言葉や、復興支援に寄附できることへ感謝のメッセージを寄せてくださっています。

『遠くから見ているだけで、何もできませんが、こんなカタチでも協力できることがありがたいです。いつか訪れたいと思います』

『今回、はじめてふるさと納税に参加させていただきます。
 ふるさと納税は“なんとなく”聞いたことがある程度だったのでこれまでなかなか行動に移せませんでしたが、身近なファッションを通じて貢献できるのであればと思い、参加させていただきました。
 まずは自分の周辺の仲間へ伝えて、広げていければと思います。
 少しでも南相馬市の方の元気や勇気に繋がればと思っています。応援しています!』
 このような声をたくさん寄せていただいています。大変嬉しいことです。

 難しく考えず『欲しいものがもらえるから寄附する』くらいでいい。それも何年も寄附し続けてもらうためには、もらえるものがどんどん新しくなればいい。アパレルは新作が次々に出ますから、ファッションに興味のある人に、繰り返し寄附をし続けてもらえる。そう思いました」

歴史のある町、南相馬市

「寄附をした方の多くが、『いつか南相馬市を訪れたい』と言ってくださいました。商品がもらえることをきっかけに、南相馬市に興味を持つ。実際に訪れる人が増えれば、観光などの地元産業にもよい効果が現れるでしょう。

 私は南相馬市の出身でもなく、これまで特に縁はありませんでしたが、今回の件をきっかけに南相馬市を訪れてみて、この場所の魅力を強く感じました。
 緑豊かで、また歴史のあるところです。
『ノーマスタイル』の名前の由来にもなっている、有名な『相馬野馬追(そうまのまおい)』は相馬家の軍事演習がきっかけとされる、1000年を超える歴史のある祭りです。野馬追が行われるときは、街の至る所を甲冑を身につけた武者を載せた馬が闊歩し、広場では実際の合戦のごとく騎馬武者が駆け回る。その光景は実に壮観です。


相馬野馬追の様子①/Getty Images
 野馬追のために馬を飼っている家も多く、たくさんの南相馬市民が伝統の行事を大切にし、また誇りに思っています。


相馬野馬追の様子②/Getty Images
 かつての藩主、相馬家は1000年続くという、日本でもほとんどいない、非常に長い歴史を持つ家です。代々この地を治めてきた相馬家は今も住民に非常に慕われていて、今の当主を『殿様』と呼んでいる方もたくさんいます。

 この美しく歴史のある町が、早く以前のように復興してほしい、そう思います。
 そして多くの人に嬉しい寄附でそのお力添えをいただきたい、そう考えています」

 ファッションからできる“新しい支援のカタチ”をぜひご利用ください。

「noma-style (ノーマスタイル)」とは



 生まれ育ったふるさとを守りたい被災者、それを応援したい地域団体と企業(相馬救援隊と返礼品提供会社)、そしてあなたの想いをつなぐ、ふるさと納税サイトです。
 福島県南相馬市に対するふるさと納税の寄附金が年々減少傾向にある現状を踏まえ、同市が設立をした新制度 (「ふるさと納税として市内外から寄せられた寄附金を非営利民間団体(NPO)に活動資金として助成する制度」)を活用し、同市における持続的な復興支援体制を築くべく設立された特定非営利活動法人相馬救援隊(理事長:相馬行胤)によって開設されました。

 *詳しい活動内容はノーマスタイルのホームページをご覧ください。

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする