トップ >  ニュース >  2017年ヘッジファンドアワード候補者出そろう

2017年ヘッジファンドアワード候補者出そろう

 ヘッジファンド業界にとって、試練の年と言われた2016年。その中でも、業績を伸ばしたヘッジファンドはたくさんある。

 2017年ヘッジファンドアワードが、6月21日に開催される。
 過去に表彰されているのは、デビッド・ショー氏、(2016年ヘッジファンド報酬ランキング6位)、イスラエル・イングランダー氏(同ランキング5位)、ブルース・コフナー氏(2017年長者番付、ヘッジファンドマネジャーの資産額で8位)、ジュリアン・ロバートソン氏(タイガー・ファンド創業者)、レイ・ダリオ氏(世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター創業者)など、そうそうたるメンバーだ。
 今年で15回目を迎えるヘッジファンド業界一大イベントの候補者が出揃った。

 インスティトューショナル・インベスターが報じた、ファイナリストの中でも注目株の人物や、部門別のファイナリスト一覧を発表する。どのヘッジファンドマネジャー、ファンドも、記憶しておいて損はないだろう。

 ジェイソン・マドリック氏は昨年、大きな注目を集めたヘッジファンドマネジャーの1人だ。HSBCによると、彼の旗艦ファンド、マドリック・キャピタル・マネジメントのマドリック・ディストレスト・オポチュニティー・ファンドは2015年から2016年にかけて38.9%の運用成績を記録している。

 運用開始以来、好成績をキープし続け、ブルームバーグの報じたところによると2016年の運用成績は世界トップレベルのクリス・ロコス氏のロンドンを拠点とするロコス・キャピタル・マネジメントはマクロヘッジファンド部門と、運用開始から5年以内の新興ヘッジファンド部門の2つにエントリー。
 ロコス氏の2016年の運用成績は20%超だという。


シタデルのグリフィン氏
Getty Images
 マクロ部門のほかの候補者が、著名ヘッジファンドのシタデルだ。昨年の報酬ランキング1位、グリフィン氏の同ファンドは機関投資家向けヘッジファンド部門にもエントリー。

 ヘッジファンドアワードのファイナリストは、選考委員会による厳しい審査を経て選出される。そうして選ばれた候補者に対して業界関係者による投票が行われ、勝者が決定する。優勝者は6月21日、ニューヨークのマンダリンオリエンタルホテルでの表彰式と食事会に招待される。

機関投資家向けヘッジファンド部門

・アンジェロ・ゴードン・アンド・カンパニーズ(Angelo, Gordon & Co.)
・バウポストグループ(Baupost Group)
・シタデル(Citadel)
・CQS
・ツーシグマ(Two Sigma)

新興ヘッジファンド部門

・ジュント・キャピタル・マネジメント(Junto Capital Management)
・キー・スクエア・グループ(Key Square Group)
・マグノリア・ロード・キャピタル(Magnolia Road Capital)
・ロコス・キャピタル・マネジメント(Rokos Capital Management)
・ウェストフィールド・インベストメント(Westfield Investment)

ファンド・オブ・ヘッジファンズ部門

・ブラックロック(BlackRock)
・ブラックストーン・グループ(Blackstone Group)
・モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(Morgan Stanley Investment Management)
・パシフィック・オルタナティブ・アセット・マネジメント(Pacific Alternative Asset Management Co.)
・ロック・クリーク・グループ(Rock Creek Group)

独立系ファンド・オブ・ヘッジファンズ部門

・ギャップストー・キャピタル・パートナーズ(Gapstow Capital Partners)
・グリーンライト・キャピタル(Greenlight Capital)
・インベストコープ(Investcorp)
・アイアンウッド・キャピタル・マネジメント(Ironwood Capital Management)
・シルバー・クリーク・キャピタル・マネジメント(Silver Creek Capital Management)

CIO(最高情報責任者)アドバイザリー部門

・アポマトックス・アドバイザリー(Appomattox Advisory)
・ホール・キャピタル・パートナーズ(Hall Capital Partners)
・インベスチュア(Investure)
・ペレラ・ウェインバーグ・パートナーズ(Perella Weinberg Partners)
・サミット・ロック・アドバイザーズ(Summit Rock Advisors)

ヘッジファンドGP インベスター部門

・アフィリエイティド・マネジャーズ・グループ(Affiliated Managers Group)
・ブラックストーン・グループ(Blackstone Group)
・ディヤル・キャピタル・パートナーズ(Dyal Capital Partners)
・ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(Goldman Sachs Asset Management)
・パロマ・パートナーズ(Paloma Partners)

株式型ヘッジファンド部門

・カールソン・キャピタル(Carlson Capital)
・エレメント・キャピタル・マネジメント(Element Capital Management)
・インパラ・アセット・マネジメント(Impala Asset Management)
・プロキシマ・キャピタル・マネジメント(Proxima Capital Management)
・クオンティタティブ・インベストメント・マネジメント(Quantitative Investment Management)

債券型ヘッジファンド部門

・ブラックゴールド・キャピタル・マネジメント(BlackGold Capital Management)
・ブリゲード・キャピタル・マネジメント(Brigade Capital Management)
・コントラリアン・キャピタル・マネジメント(Contrarian Capital Management)
・マドリック・キャピタル・マネジメント(Mudrick Capital Management)
・ストラテジック・バリュー・パートナーズ(Strategic Value Partners)

ハイブリッドヘッジファンド部門

・カスピアン・キャピタル(Caspian Capital)
・フォートレス・インベストメント・グループ(Fortress Investment Group)
・ゴールデンツリー・アセット・マネジメント(GoldenTree Asset Management)
・マラソン・アセット・マネジメント(Marathon Asset Management)
・ヴェールデ・パートナーズ(Värde Partners)

マルチストラテジーヘッジファンド部門

・アンジェロ・ゴードン・アンドカンパニーズ(Angelo, Gordon & Co.)
・BFAM パートナーズ(BFAM Partners)
・CQS
・ハルシオン・キャピタル・マネジメント(Halcyon Capital Management)
・RBC ・グローバル・アセット・マネジメント(RBC Global Asset Management)

レラティブ・バリューヘッジファンド部門

・アクソニック・キャピタル(Axonic Capital)
・ワン・ウィリアム・ストリート・キャピタル・マネジメント(One William Street Capital Management)
・パシフィック・インベストメント・マネジメント(Pacific Investment Management Co.)
・ティルデン・パーク・キャピタル・マネジメント(Tilden Park Capital Management)
・ホワイトボックス・アドバイザーズ(Whitebox Advisors)

アクティビストヘッジファンド部門

・ブルー・ハーバー・グループ(Blue Harbour Group)
・グレイロック・キャピタル・マネジメント(Greylock Capital Management)
・TCI ・ファンド・マネジメント(TCI Fund Management)
・トスカファンド・アセット・マネジメント(Toscafund Asset Management)
・トリアン・パートナーズ(Trian Partners)

イベントドリブンヘッジファンド部門

・ビーチ・ポイント・キャピタル・マネジメント(Beach Point Capital Management)
・ゲーツ・キャピタル・マネジメント(Gates Capital Management)
・エリオット・マネジメント(Elliott Management Corp.)
・オウル・クリーク・アセット・マネジメント(Owl Creek Asset Management)
・P.ショーンフェルド・アセット・マネジメント(P. Schoenfeld Asset Management)

マクロヘッジファンド部門

・キャクストン・アソシエーツ(Caxton Associates)
・シタデル(Citadel)
・ディスカバリー・キャピタル・マネジメント(Discovery Capital Management)
・グラハム・キャピタル・マネジメント(Graham Capital Management)
・ロコス・キャピタル・マネジメント(Rokos Capital Management)

クオンツ型ファンドファンド部門

・AQR ・キャピタル・マネジメント(AQR Capital Management)
・クオンテッジ・キャピタル(Quantedge Capital)
・ルネッサンス・テクノロジーズ(Renaissance Technologies)
・システマティカ・インベストメンツ(Systematica Investments)
・ツーシグマ(Two Sigma)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする