トップ >  ニュース >  謹慎中の大物ヘッジファンドマネジャーが目指す、超華麗な復活劇

謹慎中の大物ヘッジファンドマネジャーが目指す、超華麗な復活劇

「もっとも成功したヘッジファンドマネジャーの1人」といわれるスティーブ・コーエン氏。フォーブスが発表した資産総額は130億ドル、世界の長者番付で92位、ヘッジファンドマネジャーでは4位に入っている。
 現在は表立っての活動はしていないが、実はものすごい復活劇をもくろんでいるということが、事情を知る人から届いている。


コーエン氏(Point72のホームページより)
 ブルームバーグが報じたもので、実現すれば前代未聞の事態ともなり得る。

 コーエン氏は2013年にインサイダー取引に関与したとして、彼の設立したヘッジファンド、SACアドバイザーズに対して罰金と2年間の投資の禁止を命じる判決が下された。

 その際、コーエン氏自身はいかなる罪にも問われることはなかったが、外部顧客の資金を運用することは2018年まで禁止され、現在は、自身の資産をファミリーオフィスで運用するのみの形をとっている。

 表舞台からは退場したが、ファンは多く、コーエン氏の投資に対する姿勢を評価する投資家は今もたくさんいる。

 また、彼自身は今このときを、絶好の準備期間ととらえているのかもしれない。
 ビジネスインサイダーが報じたところによると、ニューヨークの新興ヘッジファンド、ライト・スカイ・マクロにコーエン氏は投資。同ヘッジファンドにはダニエル・ローブ氏など著名ヘッジファンドマネジャーも投資している。
 同ファンドは期待に応える好調なスタートを切った。

 そして、コーエン氏は、自身のファミリーオフィス、ポイント72アセット・マネジメントが運用している資産110億ドルに加えて、さらに100億ドル近くを外部投資家から集め、来年にヘッジファンドを再開する計画を立てていることを、事情に詳しい関係者が明らかにした。
 その総額は200億ドル(約2兆2200億円)前後となり、実現すれば、ヘッジファンドの運用開始として過去最大規模になる。

 それだけの資産を築いてきたコーエン氏のキャリアのなかでも、最高となる運用金額だ。
 沈黙を保ってきた男の復活は、近そうだ。


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする