トップ >  ニュース >  30万円和牛弁当の味は? 試食レポート!

30万円和牛弁当の味は? 試食レポート!

「30万円弁当」として話題になった29万2929円の弁当の現物が12月8日に公開され、振る舞われた。

 披露されたのは鳥取県と岡山県のアンテナショップ、とっとり・おかやま新橋館で行われた「超鳥取! 食のみやこ忘年会!」にてで、上田まりえ、安田大サーカス団長安田などのとっとりふるさと大使が登場した。

 30万円弁当が披露されたのはイベントの終盤、平井伸治鳥取県知事も会場に登場し、平井知事の手により弁当が開封された。これまでに数件注文が来ており、海外からの問い合わせもあるという。



 肝心の30万円弁当の味はというと、希少部位が多々使用されていて、それぞれの肉の味わいの違いを楽しむことができる。

 富裕層に調査した鳥取和牛の評価ポイントは「霜降りのバランス」にあった。どんなによい霜降り肉でも、「脂の部分」と「そうでない部分」はある程度分かれている。脂の乗りがよい肉の場合、脂の部分が固くなったり、肉の部分との間で火の通り具合に差が出ることもある。言ってみれば「肉と脂に境目がある」

 30万円弁当に使用されていた鳥取和牛の霜降りは、そのような脂と肉の分断が存在しない印象を受けた。
 肉の部分と脂が常に一体、噛むごとに口の中で広がる脂の甘み、うまみが、肉を優しく包み込む。柔らかく、しかし肉を味わっていることを強く感じさせてくれる歯触り、舌触り。
 力強いが優しい、前に出すぎないがしなやかで美しい味わい。

 昨今は「霜降り」以外にもブームの「熟成肉」など、「赤身肉」を好む人も増えている。
 鳥取和牛の評価が高まっているのは、そのような消費者の好みの変化もあるだろう。



 30万円弁当の脂身の少ない部位も食べたが、やはり鳥取和牛の醍醐味は霜降りにあるだろう。霜降り肉の好きな人にも新たな経験を提供し、霜降り肉は脂身が多くて好きではないという人にもおいしく味わってもらえる、そのようなポテンシャルを秘める肉だ。

 30万円弁当の登場で会場はその日一番の盛り上がりを見せ、平井知事は「今はカニがおいしい時期になりました。鳥取は海の幸、山の幸、冬でも春でも夏でも秋でも、いつもおいしいものが揃っています。ぜひ鳥取にも遊びに来てください」と県をPRした。

関連記事

30万円弁当は富裕層にも人気の鳥取和牛

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする