トップ >  ニュース >  ビットコイン上昇はもうニュースにならない?

ビットコイン上昇はもうニュースにならない?

 2017年の投資市場を大いに賑わせた、ビットコインをはじめとする仮想通貨。
 今年はどのような動きを見せるのか、引き続き注目を集めている。

 2017年、1ビットコインあたりの価格は、最高で2万ドル近くまで上昇した。その後はそれを超える価格は出ていないものの、ジワジワと価格を上げていることも多い。
「ビットコインはバブル、じきに弾ける」という声はありながらも、言われていたような大暴落は起きることなく価格上昇を続け、現在に至っている。

 そのような状況の仮想通貨市場において、1つ変化が見られる。それは仮想通貨の価格について「下落」の報道が目立つようになったことだ。
「ビットコインが下落 1万7200ドル前後」(2017年12月20日)、「ビットコインが下落1万4000ドル前後 12月上旬以来の安値」(2017年12月22日)、「ビットコインが下落、1万4500ドル前後」(2017年12月28日)、「ビットコインが小幅上昇 1万5250ドル前後」(2018年1月4日)、「ビットコインが下落 1万5000ドル前後」(2018年1月5日)、「ビットコインが下落 1万5200ドル前後」(2018年1月9日)など、日経新聞が年末年始でビットコインの価格について触れた記事で自動検索表示されたもので、7記事中6記事が「下落」となっている。

 ただし注目すべきは、一度小幅上昇しただけならばトータルの価格は順に下がっているはずだが、そうなっていないことだ。1万7200ドル→1万4000ドル→1万4500ドル→1万5250ドル→1万5000ドル→1万5200ドルというように、いつの間にか上がっている箇所が複数ある。それはなぜか?

 簡単に言えば、「今は上昇よりも下落のほうがニュースになる」からだ。「ビットコインはバブル」と思っている人は一定数おり、それらの人は「今の価格は上がりすぎ」と考えているため、価格が下がると「思っていた通りだった!」と反応する。だから記事になる。

 そして、一度2万ドルを記録したあとで「1万8000ドルに上昇した」と言ってもニュースにはならない。
 ここ最近のビットコイン価格は、上昇はゆっくりで、報道されるような下落をしたのちもジワジワと上げて下落前の価格に近づいていくため、ニュース性が低い。そのため上昇は記事になりにくい。なるとしたらば、それは2万ドルを大きく突破したときだろう。

「下落」というニュースだけでは物事の本質を見誤る。投資の世界ではなおのこと、周りが言っているからといって流されないようにすることが大切だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする