トップ >  ニュース >  ビットコイン、毎年恒例「1月の下げ」は想定内

ビットコイン、毎年恒例「1月の下げ」は想定内

 1月16日夜、相場に悲鳴がこだました。その日、下落の続いていたビットコインがさらに下落、1ビットコインあたり1万ドルを割るレベルまで肉薄したのだ。取引所によっては、1万ドルを下回ったところもある。

 ここ最近、仮想通貨取引に関して規制強化の動きがあり、それが下落の原因であるかのように、最近仮想通貨に参入した投資家の間では言われている。

 それは違う。実は1月のビットコインの下落は、毎年の恒例行事のようなものだ。「January Dip(1月の下げ)」と呼ばれ、ビットコインが今のように盛り上がるはるか前、2015年頃から、1月中旬に大きく値を下げている。2015年は14日、2016年は16日、2017年は12日から13日にかけて起こり、今年も同じ時期に発生した。
 下の過去3年間のチャートでもっとも低い金額を示しているのが「January Dip」だ。


2015年1月のビットコイン価格(コインマーケットキャップより)



2016年1月のビットコイン価格(コインマーケットキャップより)



2017年1月のビットコイン価格(コインマーケットキャップより)

 1月の下落がなぜ毎年ほぼ同じ時期に起きているのか、理由は不明だが、毎年その後価格は持ち直している。

「過去の記録がない」とよく言われる仮想通貨だが、ある程度検証できるデータ、情報は整ってきている。
 投資家は乱高下に一喜一憂せず、過去のデータや情報を根拠に、冷静に市場を見極めることが大切だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする