トップ >  ニュース >  2017年ヘッジファンド好成績はアジア

2017年ヘッジファンド好成績はアジア

 ブルームバーグが、世界の地域ごとの高リターンヘッジファンドを発表した。
 アジア、ヨーロッパ、米国ごとに2017年に好成績を収めたファンドを成績順にしたもので、2016年の成績も合わせ発表されている。

 総合的に成績がもっともよかった地域はアジアで、アメリカ、ヨーロッパとなる。

 3つの地域を統合してもっともよい運用成績は、アジアのソリトゥード・キャピタル・マスター。香港に拠点を置き、アジアの企業に投資する。2016年の運用成績は-15.4%と不調だったが、今年大きく成績を伸ばし、ウォール・ストリート・ジャーナルなどにも多々取り上げられた。



 アジア関連はソリトゥードの70%超えを筆頭に60%、50%を超えるリターンも多々出ており、市場として非常に優秀であることをうかがわせる。

 ヨーロッパのトップはブルークレスト。英国に拠点を置くヘッジファンドで、リターンは54%。2016年の運用成績も50%を記録しており、2年連続で好成績だ。



 ヨーロッパはブルークレスト以外は運用成績を下げ、その下は30%台が4つ、あとは20%以下となる。

 アメリカで好調だったのはキーポイント・リアル・エステート。同ヘッジファンドのうち1つは63.2%を記録しトップ。もう1つも39.7%の好成績で3位に入った。
 その名の通り不動産に投資。アメリカ経済の好調も受けて高い運用成績となった。



 ただし、アメリカも上位2つのヘッジファンドが60%超えの運用成績を記録した以外は、30%台が4つあるだけでアジアには水を空けられている。

関連記事

富裕層の投資「ヘッジファンド」のすべて 解説~運用成績10%超高利回り商品の購入方法まで 2018年最新版

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする