トップ >  ニュース >  「ビットコインは通貨として概ね失敗」総裁の意図は?

「ビットコインは通貨として概ね失敗」総裁の意図は?

 イングランド銀行のマーク・カーニー総裁が、「ビットコインは伝統的な基準に沿えば通貨としては失敗した」と語ったと、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
 カーニー総裁は、ビットコインが価値貯蔵手段としても、物品などの購入手段としても通用しないとの考えを示している。

「伝統的な基準に沿えば」というのが、この発言の裏に潜む真意だ。
「仮想通貨は通貨になりえない」と主張するのは、伝統的な通貨の関係者がほとんどだ。価格変動が続く現状では、仮想通貨を決済手段として使えると考える伝統的な通貨の関係者はまずいない。

 そしてそれは、仮想通貨肯定派の人たちも同様だ。
「誰もやっていないことを、誰よりも先にやる」と語り、ビットコインによる決済導入を目指していたLCCのピーチ・アビエーションは、平成30年3月末までとしていたビットコイン決済導入時期を白紙にした。
 肯定派の人ですら、今はそのときではないのだ。

 ビットコインをはじめとした仮想通貨は、決済手段として普及すると考えた人たちが環境整備を行った結果、価値が上昇した。
 その結果、「仮想通貨は儲かる」と考えた投機筋を呼び込み、価格は暴騰、暴騰の結果暴落と乱高下も起こるようになり、決済手段としてはとうてい機能しなくなってしまった。

 また、仮想通貨否定派の人たちも、仮想通貨を支える仕組みそのものについては、評価する動きが多い。
 カーニー総裁も、仮想通貨の基幹技術「ブロックチェーン」については、金融取引を分散的に認証する方法などに有用である可能性があるとの見方を示している。
 仮想通貨に使われている技術の分散型台帳(DLT)は、今後イングランド銀行が電子マネーを発行するうえで、利用できる可能性がある技術だとしている。同技術を活用することで、金融機関間で行われる取引処理の効率化に寄与すると考えているようだ。

 仮想通貨に手厳しい人たちも、決して新たな技術を否定しているわけではない。手厳しい言葉が並ぶのは「これほどの技術でありながら、投機にしかなっていない現状に歯がゆいものを感じている」部分もあると推測される。

 コインチェックによる仮想通貨の流出事件などを受け、仮想通貨も新たな局面を迎えつつある。
 伝統的な通貨の関係者が仮想通貨を適正に評価する頃には、仮想通貨はすでに決済手段として健全に機能する社会になっていることだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする