トップ >  クオリティライフ >  世界にたった1つ、モンブラン2億円の万年筆

世界にたった1つ、モンブラン2億円の万年筆

 普段使いや商談、フォーマルな場での筆記用具として、万年筆を愛用する人は富裕層にも多い。
 万年筆の専門店も多々あり、単なる筆記具を超えて、装飾品、芸術作品として万年筆を購入する人もたくさんいる。
 その金額も、万年筆を使用しない人からすれば驚愕するような値段のものも多い。

 万年筆の世界は「時計」に近いと言える。「正確に時を刻む」という機能では一定レベルの時計はすべてクリアしており、あとは時計に使われている装飾品やデザインなどが価格を決定し、価格も様々で、上限はない。

 万年筆も一定より上であれば、個人のクセや好みはあれどどれも高品質で、あとはどのような装飾、デザインがされているかにより値段が変わる。流行に乗ったデザイン、限定生産のものなども、ヨーロッパを中心にメーカーが多々発売している。

 そのように奥深い万年筆の老舗、モンブランが究極の1点モノ、2億円の万年筆を発売する。
 そのラグジュアリーな価格を支えているのが、「ダイヤモンド」と「熟練の職人による複雑で繊細な装飾」だ。

 写真を見ればわかるように、ペン全体に余すところなくダイヤモンドが使われている。大きなものから小さなものまで、最先端のツールでカットされたダイヤモンドが、万年筆全体にちりばめられている。



 同時に、その大きなクモの装飾が目を引く。
 モンブランにとってクモは特別な存在だ。元々クモはヨーロッパで古来より、「執筆」という創造行為のメタファーであり、古代ギリシャの文学を皮切りに、文芸作品に多々登場している。
 クモのつくる巣はその繊細さ、幾何学模様の精緻さが美しいとされ、精緻な文学作品はしばしば「クモの巣のよう」と喩えられる。

 モンブランはクモを「独特のフォルムを持つ詩的で美しい有機体」とリスペクトし、1920年代に、クモをあしらったデザインの作品を発表。その後も度々デザインに用いてきた。
 ペンの素材にはAu750ホワイトゴールドを使用。そのスケルトン構造のボディとキャップは、精緻なクモの巣を細かく写し取り、すべて熟練の職人の手作業で彫刻され磨かれている。
 商品名は「モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス リミテッドエディション1」



「複雑きわまる彫金技法やペン先製作などの熟練のテクニックと組み合わせ、ひとつの芸術作品に仕立て上げました」とモンブランの担当者は語る。

 金額は150万ユーロ、日本円にして2億円相当となる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする