トップ >  ニュース >  日本進出ツーシグマがAIホッケー大会

日本進出ツーシグマがAIホッケー大会

 ツーシグマは、アメリカに本拠地を構える大手ヘッジファンドだ。
 日本に進出することを日経新聞の取材に対して明かしており、東京に拠点を2月中に構え、日本の投資家や金融機関との関係強化を目指すという。将来的には日系金融機関との提携や、投資の研究開発を手がける人材を雇うなども考えているとのことだ。

 ツーシグマはAI(人工知能)やビッグデータを駆使して様々な金融商品に投資する。テクノロジーは、彼らの運用を支える根幹となるものであり、日々開発にしのぎを削っている。

 AIを重視するツーシグマでは、面白い試みが行われている。テクノロジー向上のために、同社はAIコンペを毎年行っている。AIシステムのエンジニア同士が勝負する「TSカップ」が開催されているのだ。

 2016年の対決種目は「エアーホッケー」エンジニアに対し、エアーホッケーをプレイするAIシステムの開発が命じられた。
 決して遊びではない。この大会を行うことで、スタッフが最新テクノロジーを経験し、投資に活かすことをツーシグマは期待している。

「デスクを離れてクリエイティブになることで、多くのイノベーションは起こる」
 ツーシグマの情報システム設計のトップ、マーク・ロス氏は大会の趣旨を語る。
「こういったアクティビティを通じて、スタッフは普段は使わないようなプログラミング言語も使うんだ」

 大会の様子は、以下の動画より見ることができる。

 本記事ではエンジニアと機械の対決シーンから再生の形にしているが、約5分の動画全体から、大会に、遊びに真剣な同社の社風が伝わってくる。

 ツーシグマは「金融」「資産運用」の会社でイメージするところはまったく異なり、オフィスの雰囲気はグーグルなどシリコンバレーのそれに近い。
 自由な発想でモノを考える環境が整えられている。

 なお、大会は人間同士とAI同士の対戦がまず行われ、それぞれの勝者が決勝戦を行った。人間同士の対戦時は通常のエアーホッケーだが、機械との対戦時に、人間はヘッドセットを装着し、タッチスクリーンでパックを打つスマッシャーをコントロールする。

 注目の勝敗は、AIに軍配が上がった。

関連記事

・ヘッジファンドのすべて 解説~運用成績10%超高利回り商品の購入方法まで 2018年最新版
・ヘッジファンドマネジャー列伝 完全版
・リターン57%、報酬7.5億ドル、新進気鋭のヘッジファンド、ツーシグマ【ヘッジファンドマネジャー列伝③】

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする