トップ >  ニュース >  超富裕層はイタリアを目指す?

超富裕層はイタリアを目指す?

 不景気に苦しむイタリアは、資本を集めることに躍起になっており、富裕層の外国人の誘致に力を入れている。同国に居住する数億ユーロ単位の資産を持つ超富裕層の納税額を、所得水準に関係なく一律年10万ユーロとする措置を昨年より公表している。

 その結果、実際にロシア、スイス、ノルウェー、アメリカなどの保有資産数億ユーロ超の超富裕層150人前後から問い合わせがあったと、イタリア経済財務省高官のファブリツィオ・パガーニ氏が明かしていると、ブルームバーグが報じた。
 超富裕層のなかにはアートコレクターなどもいるという。


 この新たな税制のもと、超富裕層が移住してくることで投資、消費、新規資本流入などが喚起され、イタリア経済の中心地ミラノ、観光都市として名高いヴェネツィア、アルプスの麓の湖周辺のリゾート地などの経済が活性化されることを、イタリア政府は期待している。

 ポルトガルなどはすでにこのような税制面の優遇を始めており、超富裕層を呼び込むことに成功している。

「150という数字は初年度として優秀」とし、「ポルトガルの例などを見ても、この数字は飛躍的に伸びていくだろう」と、とパガーニ氏は語っている。

「富裕層の優遇」は、財政が苦しい国で始まりつつある政策だ。

 世界的に、高額納税者である富裕層の囲い込みは厳しくなってきている。
 課せられる税金の額は上がるばかりで、日本では現在、所得が4000万円を超えると所得税率は45%、さらに住民税が10%かかる。一定の稼ぎを超えると、半分以上が税金だ。

 上記政策ではイタリアにて行うべき年間納税額は、10万ユーロ。2018年3月1日現在のレートで計算すると、約1300万円だ。イタリアに移住すれば、どんなに稼いでも税金は最大1300万円。

 単純計算すると、年間の所得が3000万円以上ある人は、日本にいるよりもイタリアで暮らしたほうがよいことになる。

 もちろん移動に伴う費用や生活にかかるコストはあるが、「税額を1300万円に抑えられるなら、イタリア移住は真剣に検討すべきではないか?」と思う方も多いのではないだろうか。

 なお、海外移住に関して気をつけたいのは「海外居住の実態がある」と税理士にしっかり認められることだ。
「150日海外にいればいい」「1年の半分以上、183日海外にいれば大丈夫」といったことが言われるが、これは俗説とされ、「日本非居住者かどうかは生活実態などから総合的に判定される」という。
 簡単に言ってしまえば、何日いようと、「税金逃れを目的に海外にいる」と税務署に判断されれば、日本非居住とは認められない。

 昨今、高額納税者への監視は特に厳しい。イタリアで税優遇生活を送るならば、本当に今後もイタリアで暮らしていくつもりで、本腰を入れて行う必要がある。

 なお、国税庁が目を光らせる「海外居住の実態」について、元々海外に住んでいる人であれば、簡単にクリアできる。
 すでに海外を拠点にしている人であれば、この機会にイタリアに移住するのは、魅力的な選択肢かもしれない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする