トップ >  ニュース >  仮想通貨の新団体設立 自主規制強化へ

仮想通貨の新団体設立 自主規制強化へ

 ビットコインの下落、コインチェックによるNEMの流出などで、2018年に入り混乱を極めた仮想通貨。
 流出事件から1月以上が経過し、同社は流出された分を返金すると発表しているが、それがいつになるのかはいまだ不明だ。


 現在の仮想通貨に求められるのは業界全体のセキュリティなどの対策で、ビットフライヤーなど仮想通貨交換業者16社は3月1日、東京都内で会合を開き、月内にも仮想通貨の新団体を設立することを決めたと、日経新聞が報じた。

 新団体は、改正資金決済法に基づき政府から自主規制団体の認定取得を目指すという。システムの安全対策、顧客と自社の資産分別管理の具体策など、自主規制ルールを策定する方針だ。

 業界の信用回復に欠かせないのが「自主規制」の部分だ。仮想通貨を支える技術のセキュリティは高くても、業者の管理が甘くては安全性を保てない。
 仮想通貨を「扱う資格」についても厳格になる。コインチェックは2017年4月に改正資金決済法が施行される前から仮想通貨交換業を営業しており、同法施行後に金融庁に仮想通貨交換業の申請をするも、同社の扱う仮想通貨のなかには安全面の不安があるものも存在したことから、登録は見送られていた。
 だが、同法施行前から営業していた業者については、今後認められる予定の「みなし業者」とされ、営業は行うことができていた。

 ここでも求められるのは、自主的なセキュリティアップだ。新団体はまずは金融庁に登録を済ませた交換業者16社で組織。その後登録申請中の業者も順次加盟を受け付ける。会長に奥山泰全マネーパートナーズ社長、副会長に加納裕三ビットフライヤー社長らが就く方向で調整しているという。 

 仮想通貨の今後について整っていく一方で、投資家のもっぱらの関心は3月15日までの確定申告だろう。
 仮想通貨の売却で得た所得は雑所得となり、非常に高い課税がなされる。仮想通貨で「億り人」が多々誕生したが、1億稼いでも半分以上が税金だ。
「コインチェックに預けたお金が動かせず納税資金が用意できないので、株を売却する。できればもう少し持ちたかった……」という投資家がいる。
億り人もトーンダウン気味だ。

 さらに、政府は、仮想通貨交換事業者から返金を受けた場合は課税所得になりうる、との答弁書を閣議決定した。損害賠償金であっても本来所得とすべきものや、失った利益への賠償なら非課税所得にはならない、との見解を示した。
つまりコインチェックが流出したNEMに相当する日本円を返金した場合、その円は課税所得認定、仮想通貨なので該当は雑所得だ。

 仮想通貨に関する本格的な課税は、2018年が元年となる。最初が肝心な分、国税庁も厳しいスタンスで臨むだろう。

 まだまだ整備が追いついていない仮想通貨。時には市場に投資家の悲鳴がこだましたりしながら、業界は整っていく。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする