トップ >  ニュース >  日経平均続落。高配当株投資にチャンス

日経平均続落。高配当株投資にチャンス

「○日連続上昇」「バブルの再来」などと騒がれていたが、2月に入り、アメリカの経済政策などの影響を受けて急落した日経平均。3月6日10時現在、日経平均は2万1000円台を推移。一時期は2万4000円台にいたことを考えると、3000円近い下落だ。

 ここ最近の仮想通貨の下落なども受け、投資家の間では悲鳴がこだましている。「ビットコインが200万円くらいの頃に買った人は、息をしていない」といった話も聞く。
 確定申告で納税額が確定するのに加えて「納税用に円で出金する予定だった、コインチェックに預けたお金が動かせない」などの逆風も吹いている。
 巨額の流出事件を受け「億り人がNEMり(眠り)人へ」などの、ダジャレの応酬、ダジャレの如く笑えない言葉も出ている。

 これからの市況を、どう考えるか。
 このような市況で、今後どのような投資を行っていくのがよいか? 

『ダイヤモンド・ザイ』(ダイヤモンド社)2018年4月号によると、証券会社のアナリストなどのプロフェッショナル4人は、今後の日経平均を2万3000円~4000円台と予想。
 現在は落ち込んでいるが、今後は反発していくとしている。

 かつて市場に絶望を届けたリーマン・ショックだが、そのときに暴落した不動産や金融商品を底値で買った人たちは、その後上がったことで大きく儲けた。
 今は仕込みの時期、と考えて切り替えていきたい。

 また、高配当株を狙うなら今の市況は悪くない。
 多くの上場企業で株主の権利確定がされるのが3月で、人気の株主優待を用意している企業などでは、株主優待に飛びつく人の買いが殺到して一時的に高値になり、そのときに買うと損なこともよくあるが、日経平均の冷え込みにより、特に上がっている気配も少ない。

 今、それらの企業の株を買っておくのは、高利回りも期待できる。
 市況が戻ると見越すならば、配当と株主優待を受けながら、戻ったときに売り抜けるチャンスだ。
 保有し配当と優待を受け続けるのも悪くない。

 株価は低いが企業としての業績は悪くない会社の例に、KDDIがある。
 最高益を更新、増配を続けていながら、楽天が携帯電話事業に参入するという報道を受けて株価は急落。それまで1株あたり3000円前後を推移していたのが、2700~2800円台に落ちた。

 長引く低価格に危機感を覚えたのか、「お得な株主優待を受けたいならばKDDIがいい」という、目的のはっきりした広告を打ったりしたものの、株価は引き続き下落。最近の日経平均不調のあおりまで受けて、一時は2500円台まで下げた。

 同社の株がかつての金額に戻る保証はないが、業績好調なことから16期連続で増配するなど、株価がこのままで終わるとは考えにくい。『ダイヤモンド・ザイ』に記載の同社の配当利回りは3.27%となっている。
 安いときに買えるなら、さらにお得だ。

 同社に限らず、「今安く買えるなら購入し持ち続けることはメリット」と言える銘柄はたくさんある。

 金融庁の方針もあり、「投資は長期で考える」が重視されるようになってきた。
 現在は、そのような方針が発表されて以降、初めてに近い大きな下落局面となった。
 これまでがよかった分、反動も大きいが、どう乗り越えるか、投資家のメンタルが試されている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする