トップ >  ニュース >  レイダリオ率いるブリッジウォーター、2018年は+14.6%

レイダリオ率いるブリッジウォーター、2018年は+14.6%

 株式や債券、商品など全ての投資対象から資金の流出した2018年、特に4Qは苦戦したファンドも少なくなかったが、業界の雄、レイダリオ率いるブリッジウォーターは堅調に推移したようだ。

 同社は米国コネティカット州に拠点を構え、その運用残高は1,600億ドル(17兆3,000億円)程となっており、世界最大のヘッジファンドである。
今現在日本の投資信託で最も残高が大きいフィディリティのUSリートでも運用残高は6,400億円程。その約27倍の規模と言えば如何に規模が大きいかお分かりいただけるだろう。

 勿論規模が大きいだけではなく、今までに記録してきたリターンも華々しいものがある。下記はトップクラスのヘッジファンドが、設定来稼ぎだしてきた金額についてBloombergのまとめた資料となっている。

 シタデル、ポールソン、ツーシグマなどの名だたるファンドがランクインする中、ブリッジウォーターは堂々の1位にランクインしている。規模、実績共に世界トップクラスのファンドであることは疑いようがないだろう。





 そんなブリッジウォーターの旗艦ファンド、ピュア・アルファ・ストラテジーの2018年の実績は+14.6%での着地となった。

 ヘッジファンドと聞くと「何か特別な投資対象に投資をしているのではないか?」と思ってしまいがちだが、同社のポートフォリオの内容に目を遣ると必ずしもそうではないことが分かる。





 上位2銘柄で運用資産全体の45.19%を占めており、何と1位はS&PのETFとなっている。いくつかあるS&PのETFの中でも特に流動性の高いものを選んで投資しているようだ。
 ちなみに組み入れ銘柄の2位もVanguard社のETFとなっており、新興国中心に投資を行っているものとなる。組み入れ銘柄の上位はテンセントなどの個人投資家にもなじみの深い銘柄だ。決して変わり種の新興企業に投資を行っているわけではない。

 日本の個人投資家でも購入できるようなETFを中心に据えて、+14.6%というリターンを記録したブリッジウォーター。ファンドマネージャーが腕の良さが際立つ結果となったと言えるだろう。

 金融商品はあくまでも「道具」であり、それをどう使うかが腕の見せ所である。
自身での売買に限界を感じた個人投資家はこういった一流のヘッジファンドマネージャーに運用を委託することは、有力な選択肢になってきていると言えるだろう。


関連記事

・富裕層の投資「ヘッジファンド」のすべて 解説~運用成績10%超高利回り商品の購入方法まで 2018年最新版


ヘッジファンドダイレクト株式会社からの情報提供


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする