トップ >  ニュース >  苦境のレオパレス株式を買い進めるヘッジファンド

苦境のレオパレス株式を買い進めるヘッジファンド

 テレビCMでもおなじみのレオパレス21。界壁の設置などに関して建築基準法違反が発覚し直近では株価の急落に見舞われている。

 レオパレス21の株式は直近下記のように推移しており、株価は半年前の1/3ほどまで下落している。



※ゆかしメディア編集部作成

 そんな中、同社の株式を積極的に買い進めているヘッジファンドが俄かに注目を集めている。その正体はゆかしメディアなどでも何回か取り上げたオデイアセットマネジメント(Odey Asset Management)である。英国が誇る著名な株式ロングショート戦略のヘッジファンドである。

 EDINET提出書類によると、オデイアセットマネジメント(Odey Asset Management)が初めて大量保有報告書を提出したのが8月24日、株価が550~570円程の水準だった頃に発行済み株式数に対して5%強まで保有比率を徐々に高めていったこととなる。

 5月中頃には1,000円程だった株価が、前述の「界壁問題」の影響で急落していく中で買い進めていったことになる。逆張りを得意とするオデイらしいやり口と言える。

 その後も株価の下落は止まらなかったが、オデイアセットマネジメント(Odey Asset Management)は継続して購入を継続し、2018年11月2日、2018年12月5日、2019年2月12日、2019年2月14日、2019年2月19日と保有比率を高めた旨の報告を提出している。
英国でも10本の指に入る巨大ヘッジファンドならではの豪快なナンピン買いと言えるだろう。現在の保有比率は11%を超えており、すっかり大株主となっている。

 今回の「界壁問題」は、レオパレスの施工した「ゴールドネイル」と「ニューゴールドネイル」ブランドの建物184棟中168棟に建築基準法で定められた界壁が設置されていなかったことが分かっている。両ブランドは全国に1,000棟程が存在しており、同じ比率で不正が行われていたとすると、このブランドだけで全国に900棟の「要補修物件」が存在していることとなる。
 上記ブランドを除く調査でも全体の13%程の物件に何らかの不備が確認されており、全国に38,000棟の物件が存在していることを考えると単純計算で4,940棟の「要補修物件」が調査を待っているような状況の可能性が高い。

 1棟補修するのにかかるコストはレオパレス21の担当者がメディア取材に応じたところによると60万円程だそうだ。4,940棟全てにこのコストがかかると考えた場合、同じく単純計算で29億6,400万の損失が発生することになる。

 レオパレス21の平成30年3月期決算によると利益は148億円ほど。上記の29億6,400万の損失がすぐに致命傷となるわけではないかもしれないが、「要補修物件」の問題が片付いたとしても、毀損したブランドイメージを回復させ例年通りの利益をあげていくことは決して容易ではないだろう。

 個人投資家が触るには少々リスキーな銘柄であるが、世界トップクラスのヘッジファンドマネージャーがどのようにポジションを持ち、解消していくのかについて目を配っておくことは非常に有意義だろう。

 現状はオデイアセットマネジメント(Odey Asset Management)が投下した資金に対して含み損での推移となっているが、2018年に50%超の年間リターンを記録した同ファンドの読みが正しいのか、これから答え合わせとなりそうだ。


関連記事

・富裕層の投資「ヘッジファンド」のすべて 解説~運用成績10%超高利回り商品の購入方法まで 2018年最新版


ヘッジファンドダイレクト株式会社からの情報提供


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする