トップ >  ニュース >  個人投資家が勝てなくなる? 超高速取引の実態

個人投資家が勝てなくなる? 超高速取引の実態

 大手ヘッジファンドの「シタデル・インベストメント・グループ」が昨年、「ハイ・フリークエンシー・トレーディング」と呼ばれる超高速取引を行う関連会社を通じて約10億ドルの利益をあげていたことがわかった。

 米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたところによると、規定違反としてシタデル社に訴えられた元トレーダーが法廷で証言したもの。トレーダーは、この関連会社は2007年は8億9200万ドルのリターンをあげており、2005年の7500万ドルから大幅に急増しているという。

 ハイ・フリークエンシー・トレーディングとは、高度なシステムで超高速で小口売買を実施し、わずかな価格差を利用して利益を得ようとするもの。個人取引で言うならば、スキャルピングを超高速で延々とやり続けるようなもの。

 米当局は、このトレードは市場に大きな影響を与えるのではないかという強い懸念を持っている。ただ、ロンドン証券取引所は流動性を与える要因になると支持しているなど、金融業界では見解が別れている。

 シタデル・インベストメントは1990年創立。大手ヘッジファンドの中では唯一、シカゴを拠点に活動している。日々の取引量は、ニューヨーク、ロンドン、東京で取り引きされる売買高の約3%を占めるという。私募のみで資金を募っている。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする