トップ >  クオリティライフ >  世界のカジノ事情【2】ラスベガスの超VIP顧客対応システムとは?

世界のカジノ事情【2】ラスベガスの超VIP顧客対応システムとは?

カジノのVIP対応システムは2種類に分けられる

 前編ではカジノの最新事情とカジノの分類について触れましたが、ではカジノのVIP顧客に対するシステムにはどのようなものがあるのでしょうか? 現在、カジノのVIP対応システムは大きく分けて2つあるとされています。

【1】カジノ側が運営する、ハイローラーの人のためのVIPフロア
 カジノ側のVIP顧客フロアで、高額を賭けるハイローラーや各国の富裕層が集います。ラスベガスのカジノは、VIP顧客に営業するマーケティングスタッフが各国に常駐し、ラスベガスへと顧客を送り込んでいます。また現地ではカジノホストや24時間フルアテンドのバトラーがいて、現地での滞在中の一切を取り仕切ってくれます。ラスベガスでは、食費や宿泊料、往復航空券など滞在中にかかる費用のすべてが無料になる「コンプシステム」という、超VIP顧客専用サービスがあります(マカオのコンプシステムは若干の違いがあります)。

【2】カジノが場所を提供し、他企業が運営する「ジャンケットフロア」
 「ジャンケット」とはカジノ側が企業や個人(ジャンケッター)にスペースを提供し、そこで各企業が自社の顧客をもてなすためのシステムです。マカオカジノはこの「ジャンケット」が売上に対して強い影響力を及ぼし、何十社もの企業が顧客のためにスペースを貸し切り、一般のゲームフロアとは別に「ジャンケットフロア」を設置しています。各企業が独自のサービスを提供しているため、規模も数もバラバラですが、大体30万香港ドル(400万円)程度が最低のデポジット(カジノ資金の預け入れ)。ジャンケッターとカジノ側で、客からあがる収益の配分率が決めてあります。ジャンケットフロアを1ヶ所のカジノのみで運営している企業もあれば、世界のカジノにフロアを展開している企業もあり、企業の顧客囲い込みのシステムとして利用されています。ラスベガスにはジャンケットフロアはないそうです。

カジノ
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする