トップ >  メイク・マネー >  不動産投資家必見!「更新料がなくなる日」【2】

不動産投資家必見!「更新料がなくなる日」【2】

「殿様商売」からの脱却が必要?

 ある投資家は「大家業界(?)には店子を客と思っていない風潮があることから、ある程度こういう反作用が起こる方が適正な環境になるのではないかと思います」と語った。

 投資家は借主から賃料をもらうことで収益を上げている。これは何もいまさら言うまでのことではないのだが、更新料には「取れるものは取ってやれ」という思惑も見えなくはない。「大家」とは江戸時代の「庄屋」のことであり、その名残でもある。「古い人の中には、いまだに貸してやっているという考え方の人もいないではない」(投資家)という意見もある。

 ただし、こうした考え方は今では通らない。立地など条件の悪い物件には空室も目立つようになってきたからだ。地方によってはより深刻だし、それは東京都内とて例外ではない。

 今回の訴訟の舞台となった京都は特に深刻なようだ。被告人弁護団の主張に「全国の空室率が平均10%の中で、京都は20%だから、(貸主と借主の間に)交渉力の差があるとは言えない」というものがあった。これは、もはや借主が不利な立場で契約しているものではないと言いたいのだが、明らかに需給関係が崩れていることを切実に物語っている。

 しかも、これからは人口減少社会が到来し、殿様商法は確実に通用しなくなる。そこで、一定期間入居すればギフト券をプレゼントしたり、仲介業者、管理業者を接待するなどきめ細かい地道な『営業努力』を行う投資家も出てきているのだという。地道な努力を続ける投資家にとっては、やはりそれほど大きな影響はないのかもしれない。

 ただ、本当に何の問題もないのか? 次回はそのあたりをもう少し深く検証してみたい。(つづく)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする