トップ >  クオリティライフ >  マクロビオティック・プライベートシェフが語る、富裕層がマクロを選ぶ理由【1】

マクロビオティック・プライベートシェフが語る、富裕層がマクロを選ぶ理由【1】

プライベートシェフはマクロを勉強しないと務まらない

―マドンナさん以外で、マクロを実践している著名人はどのような方ですか?

「アル・ゴアさん、グゥイネス・パルトロウさん、二コール・キッドマンさんなどもマクロを取り入れられていました。本格的に厳しくやっている人から、考え方を取り入れて、バランスよく自分の生活に取り入れている人まで様々です。」

―プライベートシェフの存在は、富裕層の家庭では一般的なことでしょうか。

「欧米の富裕層では一般的です。契約は単発や1ヶ月~3ヶ月などが多く、私のように7年以上ずっとというのは少ないですね。もちろんマクロとは限らず、フレンチ、イタリアンなどと料理のジャンルで区切っている人もいます。欧米ではマクロやビーガンも料理のカテゴリーの1つです。ホールフーズ、ビーガン、ベジタリアン、マクロなどを全部勉強していないと、今のプライベートシェフは務まりません。例えばイタリアンのシェフであっても、マクロの勉強を自分なりにして、知識を持っている必要がある場合があります。10年前はそんな必要はありませんでしたが。」

―プライベートシェフをやっていて良かったこと、やりがいとは何ですか?

「やりがいは、その人の食生活のすべて任せてもらえること。自分の創造力を最大限に駆使して、食べ物をコントロールできることですね。反面、それはこの仕事で苦労する点でもあります。毎日のメニューを考えることはもちろん、買出し、片付けまで全部1人でこなすので、切り盛りが大変。拘束時間も長く、著名人は居場所が変わりやすくて移動も多いです。でも色々な場所に行き、色々な食材に出会えることは楽しいですよ。」

―プライベートシェフを辞め、日本に戻ってきたのはなぜですか?

「家族を健康にすることはマクロの第一義です。プライベートシェフとして自分の家庭やマドンナ一家を健康にすることはできましたが、そろそろそれをもっと多くの方に広めていきたいと思い、帰国しました。欧米にはもうマクロは浸透していますが、逆輸入された日本はこれから。今後は日本で活動し、マクロの良さを広めていくことが目標です。」

【2】に続く


西邨マユミ(にしむら まゆみ)
1956年愛知県篠島生まれ。82年に渡米し、マクロビオティックの世界的権威である久司道夫氏の下で学ぶ。83年よりクシインスティティュートベケット校の設立に参加、開校後、同校の料理講師および料理主任に就任し、同時にガン患者への料理指導を行う。マドンナの息子のアレルギーを10日間で改善させたことをきっかけに、2001年から7年以上、マドンナ一家のプライベートシェフとして、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨークを中心に活動。2008年より、本格的に拠点を日本に移し活動中。2児の母。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする