トップ >  クオリティライフ >  世界的名門ワイン造醸家「プリムム・ファミリエ・ヴィニ」来日ディナー【2】

世界的名門ワイン造醸家「プリムム・ファミリエ・ヴィニ」来日ディナー【2】

「ファミリーで経営すること、それが最も重要」

 今回のガラディナーで、ゆかしメディア編集者は特にシミントン・ファミリーエステーツのポール・シミントン氏とゆっくりとお話をすることができました。

 シミントン氏によると、これまでPFVのような高級ワインの造り手が集まる会は他に例がなかったものの、ちょうど1ヶ月前、オーストラリアに12のワイナリーオーナーを集めた同様の会が発足したとのこと。シミントン氏は「僕らの会に影響を受けてその会ができたそうで、真似してもらえて嬉しかったよ。オーストラリアワインの品質向上のために、造り手家族が協力するというのは非常に良いことだと思います」と語っていました。また現在PFVは11家族ですが、やはり12という数字の方がきりが良いため、会の条件を満たすワイナリーが現れれば追加されるだろうとも仰っていました。

シミントン・ファミリーエステーツ
シミントン・ファミリー
 また、シミントン氏はファミリーで経営することが最も重要だと語っていました。
「どのワイナリーも家族だけでやっていますから、2~4人くらいで経営しているところが多いです。この『家族経営』ということが、PFVの最も重要な条件。家族経営でなくなったために、抜けてしまったワイナリーも過去にあります。私たちの目的は、各ワイナリーの伝統と価値を守り、その理想を後世まで伝えていくこと。それを果たすには、長期的視野でワイン造りの品質向上に取り組み、ワインに対する高い倫理観を持って努力することができるファミリービジネスという形が必要なのです。」

 例えば、PFV最古のワイナリー、マルケジ・アンティノリは現在26代目。彼らPFVのファミリーが背負うのは、ワインという単なる商品ではなく、各国の歴史であり文化でもあります。それを今後も次世代に継承していくためには、各ファミリーで情報を共有し、共に学び合い、協力していくことが重要。ワインと歴史が密接に結びついたヨーロッパだからこそ、PFVのような会が生まれたと言えます。

 ディナーは数時間のことでしたが、彼らのワインに対する真摯な情熱と、常に最高のものを追求し続ける探究心に大変感銘を受けました。PFVの次世代がどのように育ち、どのようなワインが造られていくのか。ワイン業界に絶大な影響力を持つ彼らの今後を、ゆっくりと見守っていきたいと思います。

ブドウ畑

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする