トップ >  メイク・マネー >  脱税4.5億!マルサに摘発された元ヒルズ族

脱税4.5億!マルサに摘発された元ヒルズ族

「溜まり」ある所にマルサあり

 FX(外国為替証拠金取引)の脱税が世間をにぎわしたのは、一昨年2007年のことだった。多くの案件が国税局によって摘発されたが、例をあげてみると、次のようなものがある。

・東京都世田谷区の主婦(約8億円)
・東京都足立区の不動産賃貸業夫婦(7億5000万円)
・兵庫県西宮市の元職員の一家(7億2600万円)
・和歌山市の元小学校長(3億1200万円)
・栃木県足利市の89歳男性(10億8130万円)

 どのケースを見ても、普通の人が知らずにやってしまったら、自分が脱税をしていたことを後になって国税局から知らされたというパターンだ。特に、栃木県の89歳の老人が10億円以上もの利益を出すということ自体、FXという投資商品が驚異的なリターンを上げる爆発力があることを物語っている。それだけに、その作用が逆に働いたとしたら、自分に大きなマイナスが降りかかる。もちろん、その時になって「知らなかった」では世間は許してはくれない。

 国税のやり方としては、その人の全盛期の2、3年後に「溜まり」(国税用語の蓄え)があると見て査察を行う傾向にある。つまり、ある程度取り立てる見込みがあるかどうかという、コスト感覚が働かせる。現在は景気の影響なのか、その金額のハードルを下げているようで、数千万円レベルの溜まりでも踏み込むことがあるという。

 FXトレーダー、会社経営者、六本木ヒルズ在住。「これなら取れる」と東京国税局はソロバンを弾いたことだろう。ヒルズの磯貝邸は、ガサ入れのターゲットになった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする