トップ >  メイク・マネー >  脱税4.5億!マルサに摘発された元ヒルズ族

脱税4.5億!マルサに摘発された元ヒルズ族

脱税した人ってその後どうしているの?


磯貝清明氏
税金完納計画を立てる磯貝清明氏
 脱税は、国税庁の判断によって、罰則の軽重が決められる。磯貝氏の場合は、1億6000万円の所得税法違反の疑いで刑事告発された。

 そこに重加算税として6000万円が加わり、さらには、今後は刑事罰としてさらなる罰金が課される可能性が濃厚。返済の金額は2億円を優に超える。





【1】悪質ではないもの
 (当初の申告納税期限から2カ月は約4.7%、それ以後は14.6%の延滞税)
【2】少々悪質なもの(15%の加算税)
【3】仮装・隠蔽など悪質なもの(追加税額約40%の重加算税)
【4】悪質でしかも巨額のもの(刑事罰)

 磯貝氏は【1】の延滞税はもちろんだが、そこにさらに【3】が課され、今後は【4】が課される模様だ。サラリーマンの生涯給与以上に相当する金額を納税しなければならなくなった。

 「僕が踏みこまれた時は、いい頃よりもお金は減っていたし、事業や投資で何年もピークを続けていくのは難しいと思うし、脱税で実際に消えていってしまった人も多いと思うんですよ。僕は絶対に完納して、そういう人たちに見てもらって、もう一回頑張ろうと思ってほしいです」

 ハデに儲けて、その後は脱税が発覚し、そのまま消えていく。時代の寵児たちの姿はその後、誰も知ることはない。言われてみればそうかもしれない。脱税の後、国民の義務を怠った責任の重さを痛感していることだろう。

 「僕はたとえ何年かかっても完納するつもりですし、ささやかでも、こんな僕の経験が役に立つのなら、すべてお話します」

 納税のシーズンが近づいて来るが、磯貝氏の話に耳を傾ければ、いかに納税が義務として大切か、また、それだけに罰則もいかに重いかを知ることになるだろう。(つづく)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする