トップ >  ニュース >  富裕ビジネスマンの8割以上に朝ごはん習慣

富裕ビジネスマンの8割以上に朝ごはん習慣

 東北大学は12日、大学生・ビジネスマンを対象にした「朝ごはんに関する意識と実態調査」結果を発表した。大学生400名・ビジネスマン500名を対象にした調査で、朝ごはんを食べる習慣と、人生を成功に導くこととの関連性が明らかになった。

 このうち35歳~44歳のビジネスマン500人を対象とした調査によると、年収1000万円以上のビジネスマンの82%、第一志望の道に進んでいると自負する勝ち組意識の高いビジネスマンの84.6%がほぼ毎日朝ごはんを食べていることがわかった。また、年収700万円以上の人は8割以上が「ほぼ毎日(週に4~5日)」朝ごはんを食べるが、年収500万円未満になると朝ごはんを「ほとんど摂らない」割合が増えていることがわかった。

 また、年収1000万円以上もしくは第一志望の道に進んでいるビジネスマンに大学受験の頃を振り返ってもらうと、朝ごはんを食べる習慣を身につけているビジネスマンの方が現役合格率が高く(有63.9%>無57.7%)、第一志望の大学への合格率も高く(有50.0%>無42.3%)なっていた。続く就職活動でも朝ごはんを食べる習慣を身につけているビジネスマンの方が、第一志望の企業に就職する率が高い傾向(有59.4%>無47.0%)があった。またビジネスマンの勝負メシはパンではなくご飯で、普段はパン食でも、勝負の朝はご飯を食べていることもわかった。

 ビジネスマンの平日の生活リズムを聞くと、約7割のビジネスマンが「規則正しい」(69.2%)生活を送っており、朝ごはんを平日のほぼ毎日摂る習慣のあるビジネスマンの77.7%、第一志望の道に進んでいるビジネスマンの74.5%が「規則正しい」生活を実践していることがわかった。また時間の活用度を見ると、ビジネスマンの「午前中の時間帯」の活用度は81.4%と8割を超え、5割がやっとの大学生(50.5%)とは大きく異なった。

 調査結果から、受験・大学生活・就職活動・現在の生活において、朝ごはんを食べる習慣を身につけている人は「理想とする大学に合格し、収入も多く、充実した生活を送っている」という成功者の人生を歩む傾向があることが明らかになった。朝ごはんを食べることで規則正しい生活が実践でき、朝時間の有効活用につながり、それが大学受験や就職活動、ビジネスマンとしての現在の環境にプラスに影響しているとみられる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする