トップ >  ニュース >  引退後の朝青龍は、経営者か政治家か?

引退後の朝青龍は、経営者か政治家か?

 知人への暴行問題で去就に注目が集まっていた、大相撲の横綱・朝青龍関(29)が4日、現役を引退した。最悪の解雇処分の可能性もあったが、決断は自ら土俵を去るというもの。今後はモンゴルで実業家、さらには政治家に転身するのか注目が集まる。

 優勝25回。歴代優勝回数3回位の大横綱の朝青龍関(本名、ドルゴルスレン・ダグワドルジ)は横綱らしく自ら身を引く道を選んだ。責任を取った形だが、ここ数年は「彼はいつ引退してもいいと思っている。時間が空いたらしょっちゅうモンゴルにも帰っていたし、ビジネスに熱心だよ」(タニマチ筋)という見方があった。かつて地方巡業を欠席して、モンゴルで中田英寿氏とサッカーに興じる姿がTVの映像で流れたことは、記憶に新しい。

 ビジネスに熱心とはどういうことか。朝青龍関は四股名から名前を取った「ASAグループ」というファミリー企業をモンゴルに持っているという。日本相撲協会の規定では、力士の副業は禁止されているが、この企業は兄弟たちが実質的な経営者となっているのだという。旅行業者、人材派遣、温泉、さらには国営サーカスまで事業は多岐に渡る。

 全盛時代には、2億円近くに上ったとも見られている年収。連続優勝やCM出演など土俵内外で大活躍した。副業規定の例外扱いになるCMだが、朝青龍関のCM出演料は1本2000万円(関係者)と言われる。日本相撲協会からの給料は横綱の場合は282万円。さらには懸賞金なども入る。類まれな成功事例だが、かつて3年分の申告漏れ1億円を東京国税局から指摘されたこともあったことが稼ぎの多さを物語ってもいる。

 モンゴルでの事業は軌道に乗っているといわれているが、やはり成功の要因は多分に「朝青龍という知名度が大きいよ」(タニマチ筋)ということのようだ。優勝25回で、これは歴代3位という大記録を達成した大横綱の人気は祖国では抜群だ。その知名度を活かして、よくよくは祖国の政治家を狙っているのではないかということはよく言われている。

 日本の相撲界の先輩で現在はモンゴルの国会議員・旭鷲山関に対して、激しく敵対意欲を燃やすようになったことがある。それは、旭鷲山関が政治家になる夢をよく記者たちに語り、それが発信され半ば既成事実化されて、超が付くほど負けず嫌いの朝青龍関が怒るようになったと言われている。

 今回の暴行騒動は、これ以上長引けば、大相撲以外の面で考えるならば、ビジネスはもちろん、その先にある政治家という目標に対しても響きかねない。この辺が潮時だと考えても不思議ではない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする