トップ >  メイク・マネー >  中卒で100億円の資産を築いた組立工・大根田勝美氏(後編)

中卒で100億円の資産を築いた組立工・大根田勝美氏(後編)

アメリカでは常識


大根田勝美氏、ルイス・ペル氏
(左から)大根田勝美氏、ルイス・ペル氏
 大根田さんとペルさんは次々と、起業サポートをしては売却するということを繰り返していった。中でもバイオセンスという企業のサポートでは、相当の資産を築いた。これは不整脈の部位を特定する装置の製造販売を手掛ける会社。大根田さんは25万ドルを出資し、後にジョンソン&ジョンソンに吸収された。

 大根田さんはJ&J株を38万7500株受け取った。売却時には価格が上がり、3500万ドルの利益になったという。このケースでは140倍にもなったことになる。

 「アメリカの企業は、いいテクノロジーを持った他の企業を常に狙っているんです。だから、良い技術を持った企業ならば売却するチャンスはいつでもあります。例えば、ジョンソン&ジョンソンのような大企業は、買収できるような事業はないのか、最初から狙っています。初期の段階のうまくいきはじめたあたりで出資を申し出てくるのです」

 大根田さんはさも簡単そうに語るが、実は、これほどまでにうまくいった人の例はそれほど多くはない。それは繰り返すことになるが、大根田さんの医療機器への造詣の深さと、ペル氏の目利きと交渉力があってこそだ。だが、実力がある人にとっては、アメリカは一獲千金のチャンスが眠っている国だということでもある。

 「アメリカでも売る側は1日も早く売却してキャピタルゲインを得たいと考えています。みんな、それが目的と言ってもいいくらいです。無一文から100億円、1000億円稼いだ人もいるくらいですから。でも、ほとんどの人が失敗しているようですから、甘くはないんですけどね」

 会社は経営するものではなく、売るものである。これが資産を築くための最短で辿り着く方法なのだ。最近は日本でも若い世代の経営者には、こうした考え方も生まれており、日本国内でもチャンスの裾野は広がっている。

 もちろん、中卒から組立工としてキャリアをスタートさせた、大根田さんのように「意思」+「実行」が必要になってくるのは言うまでもない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする