トップ >  メイク・マネー >  CFDで時給1000万円 三空氏の必勝法

CFDで時給1000万円 三空氏の必勝法

時給1000万円超えの爆裂トレード

 三空氏はトレード画面では、ボリンジャーバンドを中心に値動きを見ている。あまり多くのテクニカル指標は使っておらずシンプルに動きを読むことを基本にしているそうだ。そうして慣れて来た頃に、読みがズバズバ当たり始めた。それは昨年10月。この時期は、サブプライムローン問題が弾けた米国ではリーマンショックが起きるなど、大きく相場が動いた。特に1時間で1000万円以上の利益を出した10月29日の相場を振り返ってもらった。

 「前日の10月28日にNYダウは下げて終わりました。ですが、日経平均が大きく上げて終わったので、その流れで29日のダウは上げてくるだろうと読みました。4回の買い注文を出しましたが、すべてブレイクアウトしたタイミングで買いました」

 読みは物の見事にズバズバと的中した。この日の午前3時すぎからのトレードを以下にまとめてみた。午前5時ごろから細かく利食い売りに転じていったために、実質的には時給1000万円超のトレードとなった。

CFDトレード画面
三空氏の昨年10月29日のトレード

8570買い→8700売り(100枚、+130万)
8601買い→8730売り(100枚 +129万)
8656買い→9000売り(100枚 +344万)
8760買い→9090売り(200枚 +460万)

 「基本的にはトレンドフォローでやっていますけど、毎日、相場の情報収集をしていると、ある一定の値動きがわかってくるようになります。この時期は、場が終わる1時間前(日本時間の5時から6時)に、上げか下げのどちらかの強いトレンドが続くようになっていました。その動きに乗っかってトレードしたんです」

 ラスト1時間のトレンドフォロー。どこまでも市場の動きについていった結果だった。これで、スタート時に500万円だった資金は一気に9倍となる約4500万円にまで膨れ上がっていた。

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする