トップ >  クオリティライフ >  王侯貴族が集うスイスの名門校「ル・ロゼ」での高校生活【1】

王侯貴族が集うスイスの名門校「ル・ロゼ」での高校生活【1】

冬季は高級スキーリゾート・グシュタードにキャンパスが移動

―ル・ロゼは2つのキャンパスがあると伺いました。

Uさん:「はい、春夏秋と冬でキャンパスが変わります。春から秋はレマン湖畔のキャンパス、冬は1月の初めから3月の初めまで約2ヶ月間、グシュタードに学校の機能が完全に移転します。冬のキャンパスでは、学校が終わると毎日午後はスキーやスノーボード。IB(インターナショナルバカロレア)のプログラムでスポーツは大変重視されていて、必ずやらなくてはいけません。ここを選んだ理由の1つとして、2つキャンパスがあるということも大きいですね。それにこの学校ではそれまで好きだった乗馬もゴルフも、好きなことは何でもできると聞いて、行きたいと思いました。」

―乗馬なんて日本の普通の学校ではまずできないですから、魅力的ですね。

Uさん:「乗馬やゴルフは、授業以外のスポーツブロックの中でできます。キャンパスはスイスですが、フランスにル・ロゼの厩舎があるので、自分の馬を持っている人は持ってきて、そこへ置いておくことができます。」

IBとフレンチバカロレア、2つの教育プログラム

 ル・ロゼのカリキュラムは、国際的教育プログラム「IB(インターナショナルバカロレア)」と、フランスの教育システムに沿ったプログラム「フレンチバカロレア」の2種類があり、全生徒が必ずどちらかのコースを選びます。

―IBとフレンチバカロレアでは、IBを選ぶ生徒が多いのでしょうか?

Uさん:「ほとんどの子がIBを選びます。昔はフレンチが多かったそうですが、フレンチバカロレアは取得がすごく難しくて大変なんです。試験期間も長くて、IBの試験が終わってもその後2ヶ月間くらいやっていたりします。科目数も多いです。」

―クラスの人数や、先生との関係はどうですか?

Uさん:「日本だと生徒と先生の割合は40対1とか50対1くらいで、先生との交流も限られます。ル・ロゼでは一番多くても1組10人くらいです。クラスの人気度にもよりますが、マンツーマンの授業もありますし、自分の進度に合わせて授業をしてもらえます。私の場合は母国語の日本語は、日本人の先生とのマンツーマンでした。母国語を大事にするという観点から母国語は全員がしっかり学ぶことになっていて、ニーズがあれば、何人でも先生は雇ってもらえます。」

―語学以外のどんな教科でも、先生をすぐ雇ってもらえるのですか?

Uさん:「はい。必要性があればいくらでも費用を投じて、誰でも何でも雇ってくれます。それがこの学校の良いところです。ニーズさえあれば、何でもできるし、やらせてもらえる。そんな学校は世界でも珍しいと思います。」

王侯貴族が集うスイスの名門校「ル・ロゼ」での高校生活【2】

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする